海外旅行 持病の薬

海外旅行に行く際に持病のある方が気になるのが服用している薬のこと!!

この薬がもとで、なんと、麻薬を海外に運搬する人と濡れ衣を着せられてしまうこともあるようです。

そんな危険なことを回避するためにも、海外旅行への出発前に準備が大切になります。

まずは、持病で処方されている薬がどんな薬かしっかり把握する必要があります。

海外で、持っている薬がどのような薬なのか説明できると良いでしょう。

しかし、海外で英語で、現地の言葉で薬の説明をできる場合は安心ですが、そうでない場合には、英文の薬の説明を記載した書類を持ち歩くことをオススメします。

特に、海外で同じく使われている薬でも、名前が違う場合があるので、薬の主成分などを英文で記載しておくと便利です。

この英文での記載は、一般的に素人が行おうと思ってもうまくいくものではありません。

出来れば、主治医などに海外旅行に行く旨を伝え、処方されている薬の主成分、名称、作用などを記載した英文の紙を用意してもらうのが良いでしょう。

この用紙は、薬を持ち歩く際には、肌身離さず持ち、どこで薬の説明を求められても答えられるようにしておきましょう。

特に、日本から海外に出る場合には、日本国内で使われているお薬手帳で十分事足りますが、海外から日本に帰国する際には、海外の税関や空港の荷物検査で必要になります。

また、薬の種類によっては、持ちこみが禁止されている薬もあるため、事前に日本の旅行会社、旅行先の日本大使館などに薬の使用が可能かどうか確認を取ることも必要になります。

特に大切になるのが、旅行中に容体が急変するような病気の場合には海外旅行先に受け入れ体制の整った病院があることを確認しておきましょう。

海外旅行前にしておくこと!!

①海外で使える薬かどうか旅行会社・空港・日本大使館に確認をする。

②医師に海外旅行に行っても大丈夫か確認をする、英文表記の薬の説明書を記入してもらう。

③旅行先で受診可能な病院があるかできる限り調べる

④1か月分以上の薬を持ち歩く場合には旅行会社・日本大使館・税関などでの申請が必要になる場合もあることを念頭にいれておく

⑤一緒に旅行をする人に病気のこと、病状、薬の説明をする。

上記のことを行い、万全の状態で海外旅行を楽しみましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ