日本の梅雨

梅雨とは、梅の雨と書いて、『つゆ』や『ばいう』と呼びます。

北海道と小笠原諸島をのぞき、日本と、朝鮮半島の南部、中国の南部から長江流域にかけての沿海湾などの東アジアに特有の気象現象のことをさします。

梅雨の期間は、日本でも地域によって違いはありますが、5月から7月くらいに毎年めぐってきます。

雨季の一種で、天気が曇りや雨の日が多くなる時期を『梅雨』と呼びます。

平均して、約1か月程度続く曇りや雨の多い季節ですが、3月下旬から4月の上旬に多く雨がふることは梅雨ではなく、『菜種梅雨(なたねつゆ)』と呼びます。

菜の花が咲くころに雨が多く降るため、『菜種梅雨』と名前が付きました。

『梅雨』は、様々な説がありますが、梅の実が熟す時期のために梅という漢字が使われたといわれる説と、雨が多く部屋の喚起が行き届かず、カビが多く発生することから

『黴雨(ばいう)』と呼ばれたことから、同じ音の『梅雨』になったとも言われています。

また、旧暦で5月ごろの雨なので、『五月雨』と呼ぶなどの由来があります。

この時期の天気図は、日本を梅雨前線が覆います。

はっきりと、天気図で日本を梅雨前線が覆うのは、平均して5月位が最も多いです。

その後、この前線は、徐々に北上していきます。

梅雨の時期のファッション

梅雨の時期は、雨が多く、季節的にも、昼間は暖かいものの、朝方や夜にはまだ肌寒い時期で、洋服選びもとても難しい時期です。

特に、雨でつかるんだところを歩くことの多い人の場合、汚れやすい服用には注意が必要になる時期です。

四季の一つですので、日本や東アジアに住んでいる限り必ず訪れるものですので、この時期のためにおしゃれな長靴を一足購入しておくことも良いでしょう。

最近では、昔の真っ黒な長靴だけではなく、ショート丈の長靴や、長靴ではなく、レインブーツとしてこの梅雨の時期に多く販売されています。

また、傘も、様々な種類の傘があり、軽く、持ち運びが楽な傘や、少し重くても、風などで傘が壊れることのない、骨の多い傘、

折り畳み傘もおしゃれな物も多く、時期的に、昼間は晴天で夜から雨という気象条件に合わせて、日傘と雨傘として使える傘もあります。

使う用途ごとに何本も傘を持つこともよいですが、たくさんの傘を置けないなどの方もいるので、購入の際には、十分に検討して購入したいものです。

この梅雨の時期が終われば、すぐに夏がきますので、衣替えも天気の良い時に済ませておくとよいでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ