ハムスター 種類

ハムスターは、キヌゲネズミ亜科に属している齧歯類の動物です。

夜行性で、夜中に活発に活動し、雑食で、何でも食べてしまう動物です。

ハムスターは、肩まで広がる大きな頬袋を持っていて

飼育や繁殖が簡単なために家庭でのペットや動物実験用に繁殖されているようです。

ハムスターの外見は、シッポが短く毛が長い種類になるとシッポが隠れてしまうほどシッポが短い動物です。

ハムスターの種類には、もっとも有名な『ゴールデンハムスター』、体の小さな『ジャンがアンハムスター』、

『キャンベルハムスター』、『ロブロフスキーハムスター』、『チャイニーズハムスター』などの種類がいます。

他にも、『キンクマハムスター』や『プディングハムスター』などのように、ハムスターの名前と毛色を表記するハムスターの種類もいます。

種類によって寿命も販売されている価格も違うので一度ペットショップで確認してみるとよいでしょう。

もっとも有名なジャンガアンハムスターは、別名シリアンハムスターとも呼ばれ、集団飼育にはぜったに向かない性格をしています。

また、ジャンガリアンハムスターは別名ロシアンハムスター、ウインターホワイトとも呼ばれ、固体の性格によっては集団での飼育が可能なハムスターです。

キャンベルハムスターは、シベリアンハムスターなどとも呼ばれ同じ種類のハムスターでも顔や色が違うため、飼い主には見分けがつけやすい種類になります。

ハムスター 飼育方法

ハムスターの飼育方法は、種類によっても異なりますが、まずは基本的にハムスターを同じゲージで何匹も飼育するのはやめましょう。

特にハムスターのオスは、縄張り意識が強く、たとえ兄弟でも喧嘩をしてしまうことがあります。

この喧嘩も小さな喧嘩から、時には、殺し合いのケンカに発展してしまうことも多々あるので、注意が必要です。

また、ケンカを目撃したときに、人間がゲージに手を入れると、噛まれてしまいケガをすることもあります。

ハムスターの歯は鋭く、かなり出血するので注意が必要です。

ハムスターを飼育する時には、ハムスターを入れる広めのゲージと、回し車、エサ入れ、トイレ、トンネル、寝床などを用意してあげます。

ゲージの中には、わらやハムスター用のチップなどを入れてあげます。

できれば、寝床、トンネルなどにも同様に入れてあげると、ハムスターがお気に入りの場所でゆっくり過ごすことができます。

また、チップの下には新聞などを入れておくと掃除も楽になりハムスターも新聞の中に潜り込んで遊んだりと楽しく過ごすことができるでしょう。

エサは、ハムスター用のエサが販売されているので様々な物を与えてあげましょう。

しかし、食べ過ぎは、肥満になり、短命になってしまうため、あげる頻度や量など十分に注意が必要です。

さらに、水も毎日取り換え綺麗な水を与えてあげ、時には、キャベツやニンジンなどの野菜も与える必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ