ペットボトル 回収

日常の生活でも身近な存在のペットボトル。

コンビニやスーパー、自動販売機など様々な場所で購入が可能なものですが、

実は、ペットボトルが何からできているかというと、プラスチックと同じ原料から作られています。

ペットボトルの原料になるプラスチックは、石油から作られていて、

『ポリエチレンテレンテレフタレート』と呼ばれる樹脂になり、英語表記で

『POLYETHYLENETEREPHTHALATE』と書かれるため、その頭文字をとってペットのボトルでペットボトルと呼びます。

そんなペットボトルは、地方自治体やスーパー様々な場所で回収作業が行われ、ペットボトルから様々な製品などに生まれ変わります。

ペットボトルを回収後には、プラスチックのシートや、衣類ではスーツやトートバック、ランドセル、マットなど、

他にも、洗剤のボトルや排水溝のフタ、ボールペンなどありとあらゆるものに再利用されています。

また、日本で最も有名な再利用品には、ペットボトルのフタが、途上国の子供達が接種するワクチンに再利用することができます。

家庭でのペットボトルの再利用方法…

ペットボトルは、たくさんたまってしまうもの…。

家でも何か再利用できないかと考えることも多くあると思います。

もっともポピュラーな再利用方法としては、ペットボトルの上部にお金の入る程度の穴をあけ、ペットボトル貯金箱の作成が簡単で多くの方が利用しています。

一度、お金を入れてしますと、ペットボトルをナイフやカッターなどで開けるまで取り出すことができず、お金を貯めることができます。

さらに、ペットボトルに水を入れ、フタの部分にキリなどで穴をあけると、ジョーロに、また、ホースにつけると自家製のスプリンクラーに早変わりします。

プランーの底の部分を使った花瓶や、プランターのカバーなどの家庭菜園やガーデニングにも、

キッチンスペースでは、コーンやみじん切りにした野菜の保存に、

お米などを保存したり、パスタの保存にも最適で、飲み口から出てくるパスタの量は1人分で計る手間が省けるのも主婦には魅力です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ