マスク 着用方法

マスクは、風邪をひいてしまった時や伝染する病気に感染してしまった時に周囲の人に病気やウイルスを移さないために用いられたり、

その風邪やインフルエンザ、花粉症などの方の予防のために多く使われていますが、最近では、化粧をしていない方が顔を隠すために用いる場合もあるようです。

化粧をしていない方がマスクで隠す以外のマスクの着用方法で、多くの方がマスクをしっかり着用していないことも最近では増えています。

市販のマスクを付けているのに風邪をひいてしまう方やインフルエンザに感染してしまった場合にはマスクをきちんと着用していない可能性があります。

つまり、マスクをきちんと着用していないと、つけていなくても変わらないカット率0%になってしまうのです。

まずは、正しくマスクをつけるために重要になるポイントは、

1、ワイヤー入りマスクの場合は、ワイヤー部分を山折りや谷折りにし、鼻の部分にマスクがフィットするようにします。

2、マスクを顔につけた際にあごまでマスクを伸ばす(伸ばしすぎには注意が必要です。)

3、もっとも重要な部分で、マスクは自分の顔にしっかりフィットするタイプのマスクを選ぶことが大切です。(特に女性用や子供用など様々なサイズがあります。)

たったこれだけのことでウイルスなどのカット率が格段にアップします。

マスクを着用する前に、着用方法をもう一度確認してみましょう。

マスク 種類

マスクには近年では、多くの種類のマスクが販売されています。

昔ながらのガーゼタイプのマスク:ガーゼマスクは、綿織物を重ね合わせたマスクで高い保湿性と保温性があり洗い何度も使用することができます。

不織布マスク:織らない布で作られたマスクで粒子の捕集性が高くて通気性も良くインフルエンザ対策などで多くの方が利用しています。

医療用マスク(サージカルマスク):医療行為を指すサージという言葉が使われるマスクで主に病院や薬局などの医療機関で使われたりカゼや花粉症の予防のためにも使われるマスクです。

産業用マスク:工場や解体現場などで用いられるマスクで、粉じんなどを吸い込まないように作られています。

立体マスク:顔に立体的にフィットするマスクになります。男性用、女性用、子供用とさらに種類が分かれています。

マスクによっては、ウイルスのシャットアウトに適したマスクと、PM2.5のような細かすぎる物質を遮ることのできるマスクなど種類は多種にわたります。

自分にあったマスクを見つけるとともに、マスクをつけるシーンに合わせてマスクの使い分けも必要になります。

また、近年では、高機能マスクとして安らぎを求めるものなどもあり、優しい香りのするマスクや色がついているマスク、キャラクターの口元をかたどったマスクなど本当に多くのマスクがあります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ