竜巻とは…

竜巻とは、積乱雲や積雲と一緒に発生する強い上昇気流を持った激しい渦巻きのことを指します。

台風や寒冷前線、寒気などの流れ込みで、局所的に大気の状態が不安定になると発生する確率が高くなります。

竜巻は、直径数十メートルから、数百メートルのもので、テレビで見る台風や低気圧などと比べると小規模になります。

そのため、気象台やアメダスでの観測で捕えることが難しく竜巻の発生を数日前から予測することはとても難しくなっています。

竜巻には、風速や被害によってレベルが設けられていてもっとも小さな竜巻でF0、最も大きな物でF5と別れています。

F0:風速17~32m/s:テレビアンテナなどの弱い構造物が倒れる可能性がある。

F1:風速33~49m/s:屋根瓦やガラスが割れる可能性があり、ビニールハウスなどは倒壊の危険がある。

F2:風速50~69m/s:住宅の屋根が飛ばされたり、自動車が吹き飛ばされる、住宅が倒壊する危険がある。

F3:風速70~92m/s:住宅が倒壊し、自動車は、持ちあがり吹き飛ばされる危険がある。

F4:風速93~116m/s:鉄筋造りの住宅もつぶれ、1トン以上もあるものが飛ばされ降ってくる危険がある。

F5:風速117~142m/s:住宅が跡形もなく吹き飛ばされる。列車まで吹き飛ばされ、数トンある物がどこからともなく降ってくる危険がある。

竜巻とよくにた現象で、『じん旋風』というものがあり、一般的に学校の校庭やグラウンドなどで発生しやすい。

竜巻とは、大きさが違い、数メートルほどの渦巻きで砂やチリを巻き上げる程度のものから、テントなどを吹き飛ばしてしまうものまである。

竜巻の発生しやすい場所…

日本でも、数年前から竜巻の発生が多くなってきていると感じる人も多くいると思います。

最近では、『記録的猛暑』で毎年記録を更新する猛暑が続いている

『ゲリラ豪雨』竜巻の発生理由と同じ積乱雲や積雲と一緒に発生する可能性のあるゲリラ豪雨の発生頻度が増えている。

『豪雪』毎年記録を塗り替えたり、普段は雪の降らない地域で豪雪にみまわれている

『異常低温』などの他にも、地球温暖化などが原因で、竜巻の発生頻度が実際に増えています。

竜巻自体は、どこでも発生するため、どこに住んでいても注意が必要ですが、竜巻の発生頻度は、

やはり、平野での発生頻度が多くなっています。

関東であれば、関東平野といわれているため、多くの竜巻が発生していますが、なかでも、埼玉、茨城、千葉などで発生頻度が高いようです。

竜巻の原因になる積乱雲自体は、山岳地帯で発達し、平野部で竜巻やゲリラ豪雨となってしまいます。

竜巻は、発達した積乱雲が原因で発生するため、積乱雲が近づいてきたら頑丈な建物に逃げ込む必要があります。

積乱雲は、地上から見ると、黒い雲が接近してきたようにみえ、直前よりも明らかに暗くなったように感じるはずです。

さらに、冷たい風が吹き抜けると、積乱雲が接近してきた兆しになり、竜巻にも注意が必要になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ