バレンタイン 歴史

2月14日はバレンタインデーとして日本でも多くの方が愛する方やお世話になっている方にチョコレートなどを贈ることが多いと思います。

バレンタインの由来は、3世紀のローマの司祭バレンタイン司祭と言われる人が当時の皇帝クラウディウス2世は、

強兵制の一つとして結婚を禁止していた歴史があります。

この制度に反対をしたバレンタイン司祭は皇帝の命に反して多くの兵士たちを結婚させた結果、皇帝の怒りをかい、バレンタイン司祭が殺されてしまいました。

その後、殉教の日が270年2月14日だったことからこの日をローマカトリック教会では祭日となりました。

その後、愛する者同士を結婚させたバレンタイン司祭の名をとり、2月14日を愛の告白をしたりする日とすることになったのが14世紀頃だといわれています。

日本には、1958年頃からバレンタインと言われる日が流行りだしましたが、日本では、戦前に来日をした外国人によって一部でバレンタインが行われていましたが

第二次世界大戦後まもなくから流通企業や製菓業界などによってチョコレートなどの菓子の販売促進を行うためにバレンタインデーが流行りました。

バレンタインデーが日本に定着したのは、1970年代ごろと言われ、当時は女性が男性にチョコレートを渡すのが一般的でした。

最近では、女性・男性関係なく、お世話になった方に渡す義理チョコなるものや、自分へのご褒美チョコなどもあり様々な方法でバレンタインデーが楽しまれています。

また、料理のできる男子が増えている現代では、手作りチョコを男性が作るなんてことも行われています。

バレンタイン チョコ

バレンタインは、日本では、チョコレートを渡すことが一般的です。

チョコレートの種類には、数千円もする高価なチョコレートや数百円単位の安価なものなど様々販売されています。

最近では、チョコレートが苦手な方へもバレンタインを贈れるように様々な物が販売されています。

クッキーやお酒、スイーツや洋菓子、和菓子などもバレンタイン用にアレンジされています。

また、食べられる物以外にも、身に着ける物をプレゼントすることもあります。

特に人気の高いものは、ネクタイやペンケース、スマートフォンカバーやタオルなど日常使うものが人気です。

また、料理の得意な方は、自分でケーキやチョコレートなどを手作りする方も多いです。

十数年前までは、デパートなどでしか購入できなかった手作り用の材料も、近所にある100円均一などでそろえることができ、

包む袋や箱まで、お気に入りの物を探すことができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ