梅雨 湿気

梅雨とは、東アジアの広範囲(日本、朝鮮半島、中国の一部、台湾など)にみられる特有の気象現象です。

毎年やってくる曇りや雨の多い時期の事を梅雨(つゆ、ばいう)と呼びます。

日本の全国で梅雨があるわけではなく、北海道や小笠原諸島は梅雨という気象現象はありません。

春の季節が終わる頃梅雨入りしますが、このことを入梅(にゅうばい)とも言います。

そして梅雨が終わる時期を梅雨明け、このことを出梅(しゅつばい)と言います。

この梅雨入りや梅雨明けは、気象当局が発表します。

一般的に梅雨の時期は1ヶ月半程度あるようですが、この時期や雨の量などでその年の夏の暑さや雨の量なども予想する事ができます。

梅雨の時期には、かなりの湿気で洗濯物もなかなか乾かず、カビや細菌類の発生原因にもなり食中毒も注意が必要になります。

梅雨に注意しなければならない事

梅雨の時期は、雨が多いものの、この時期に咲く花もあり、梅雨の時期が好きな人もいるでしょう。

しかし、梅雨の時期には注意しなくてはならない事がいくつかあります。

まず、注意が必要なのは、『カビ』です。

カビは、様々な場所に生え目で確認できる頃には多くの胞子を出し、どんどん増えてしまいます。

特に、エアコンや風呂場など、湿気が多い場所は特に注意が必要で、エアコンは、毎日掃除が出来ないので人間に悪影響を与えるカビもあります。

呼吸器疾患をもっていない人でも時には死に至ることまであるのです。

そして次に注意が必要なのは、食中毒です。

湿気が多く細菌やカビが住みやすい環境が整う時期なので、食べ物の中で多く増殖し食中毒を起こしてしまう事があります。

特には死にいたるケースも毎年のように何件も発生してしまっているのです。

また、特に注意が必要なのが日照時間が少ない梅雨の時期にはうつ病などの精神疾患にかかってしまう人が増えてしまうということです。

日照時間が少ないと、体の中の自律神経のバランスが崩れてしまう事が原因のようです。

日照時間が少ないときでも毎日カーテンを開け、少しでも太陽の光を浴びれるようにして病気を未然に防ぎましょう!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ