豪雨 被害

豪雨とは、強い雨のことですが、最近では集中豪雨という言葉が良く使われます。

集中豪雨とは、局所的に短時間に降る強い雨のことです。

短い時間に一部の限られた地域に降る大雨の事です。

集中豪雨は、夏の夕方に降る夕立とも呼ばれることもあります。

しかし、最近では、気象庁でも予測する事の出来ない豪雨もあります。

その豪雨の事を突然のという意味のゲリラ豪雨とも呼びます。

豪雨などでの被害は、一時的な場合などはそれほどの被害を出さない事もあります。

しかし、時に、地下が水没してしまったり、川の氾濫などで家屋を流してしまう事や時には人の命を奪う事もあります。

様々な対策を行っている自治体も多くありますが、特に予測のできないゲリラ豪雨の場合には、大変な被害を出してしまう事もあります。

土砂崩れ 家財保険

ゲリラ豪雨や集中豪雨などの被害で最も多いのが、お家や家財の損害です。

集中豪雨などの原因は、地表と上空の気温の差が原因しているようですが、ゲリラ豪雨の場合、どこでどのくらいの雨が降るか予測できないので困ったものです。

そんな時、河川の氾濫や土砂崩れなどで家財道具やお家などが被害を受けてしまったら、金銭的にも大変な事になってしまいます。

そこで重要なのが、家財保険です。

保険会社によって、総合保障を行ってくれるところと、自分で内容を決められるものがあります。

そこで、河川の氾濫や土砂崩れなどが原因でお家や家財道具が大変な被害を受けてしまったときにも保険金が受け取れるタイプがオススメです。

ここで注意したいにが、総合保険といっても、地震が原因の場合は補償をしないものもあるので注意が必要です。

様々な保険会社があるなかで、十分に検討してよい保険会社から加入する事も大切ですが、十分加入者も、保険の内容や補償の内容を熟知しておく事が大切になります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ