手相とは…

手相とは、占いの一種で、手の平に刻まれた線などを見て、運勢や才能、健康状態などを占うものです。

手相で、よく知られているのが、結婚線や生命線、運命線など多くの人が、この言葉程度であれば聞いたことがあるはずです。

よく、駅前や、お正月に寺院の近くで占いをしてくれる人もいますが、なかには、手相を見てから、宗教団体への勧誘をする人もいるので注意が必要です。

しかし、書店でも、手相の見方などを載せた本が販売されていますが、実際のところ、自分の手相を調べるにはなかなか難しいです。

その為、信頼のある占い師に手相を見てもらいたいという方が多くいます。

幸せになるための様々な手段をアドバイスしてくれるものですので、トラブルなどを回避する方法の一つとして使われます。

手相は変わる?

手相占いでどんなに良い結果が出ても、悪い結果が出ても、その後の生活スタイルや考え方によっては、早いと3ヶ月程度で手相は変わります。

どんなに良い結果でも、その後の努力しだいでは、いつの間にか良い線が消えてしまっていたり、悪い結果でも、努力次第では、良い線が出てきていたり。

その人の生き方や考え方によって線が変わるのは、とても嬉しい事です。

その為、占いは、1度だけでは意味が無く、1年に1度程度づつ占いをしていると今後の様々な事を決める良い判断材料になる事もあります。

韓国では手相の整形手術もあり、手相を変えたいという方が、多く美容整形の為に、手にメスを入れるようです。

また、メスは入れたくないという方は、毎日、ペンなどで入れたい線を描いたりしていると、そのうちに、はっきりと線が現れるとも言われています。

とても簡単な方法で、良い手相を手に入れる事ができますので、手相が気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ