ヘビを飼育するには

ヘビとは、爬虫類の仲間で手足が無いのが特徴です。

ヘビをペットとして飼育するのは、とても難しくエサは基本的に生きたものしか食べないという特徴もあります。

蛇は、暗いところが好きで、安心して生活できるようです。

蛇の飼育に大切な事は多くありますが、室温などにも気を配る必要があり、22度~23度程度の室温を好む様です。

その為、自宅に暖房器具が無い場合には、発熱電球やパネルヒーターなどを設置し、寒くない環境を整えてあげましょう。

また、ヘビの部屋は、広いところ位が良いので、木の板などで、大きな飼育箱を作るか、常にヘビを観察したい場合には、プラスチック製の箱を購入しても良いでしょう。

また、床には、新聞などをひいて汚れたら直ぐに取り替えてあげられるような工夫と木の登り木などを作ってあげて下さい。 ここで、ヘビの飼育で最も大変な事が、エサです。

ヘビは、生きたネズミやカエル、昆虫などを食べます。

その為、生きた状態のエサを仕入れるのも、与えるのもとても大変です。

また、日本ではコブラ科、クサルヘビ科、ネミヘビ科、ボア科、ニシキヘビ科の一部は、動物愛護法により特定動物に指定されている為に、地方自治体の許可が必要になる事があります。

日本で多く飼育され流通している種類のものは、ナミヘビ科の無毒種、弱毒種のものと、ボア科やニシキヘビ科の小型から中型の種類が一般的に多く流通しています。

ヘビにエサを与える

ヘビにエサを与える時に気をつけるべきことがいくつかあります。

エサが、ヘビに攻撃をしたりすると、蛇がエサに対して恐怖心を抱き、エサを食べなくなってしまう事があります。

その為、エサを与える時には、鳥などの場合、足を縛り、攻撃をしないような状態にしてから与える必要があります。

また、たとえ生きたままの生き物でも、ヘビにも、好みはあるので、食べる物と食べない物と別れる様です。

エサに関心を持たず、30分以上エサを食べていない時には、ケースから取り出しましょう。

また、エサは同時に全部あげるのでは無く、1匹ずつエサを与える様にしましょう。

そして、ヘビは、自分の頭よりも大きな物も食べる事がありますが、エサが大きすぎると吐いてしまう原因になるので注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ