ハムスターの病気

ハムスターの病気には、人間や他の動物と同じく様々な患部の様々な種類の病気があります。

人間も同じ動物ですから、人間と同じく、早期発見、早期治療が大切になります。

その為、ハムスターの毎日の健康チェックは、ハムスターを健康に育てる為に必ず必要になります。

チェック項目は、『歯の伸びすぎ、欠けている』、『外見の傷』、『おしりの汚れ』、『フンや尿の異常が無いか(下痢や色、臭いなど)』

『毛なみ』、『耳周辺の汚れ』、『明かな体型の変化』、『食欲はあるか』、『活発に活動しているか』などのチェック項目を毎日行うとハムスターのちょっとした変化にすぐに対応できるはずです。

また、早期に発見しても病院に連れて行き、治療を行わなければ意味がありません。

飼育する前に、ハムスターを見てくれる獣医を探しておく事も大切です。

ハムスターの病気の種類

ハムスターも他の動物や人間と同じく、様々な病気になります。

ウイルス性や細菌性の風邪をひいてしまったり、食べなれない物を食べて下痢をしてしまう事もあります。

ゲージの隙間に足や手を挟み、骨折や捻挫をしてしまう事もあり、最近では、檻状のゲージを使わない様にする方もいる様です。

他にも、腫瘍や膀胱炎、皮膚の病気や歯が伸びすぎてしまう事も時にはあります。

更に、ハムスターは、ほお袋にエサを入れる習性がありますが、時には、袋の中でエサが腐ってしまって口の中にも影響が出てくる事もあります。

小さな体で、多くの病気を患ってしまう可能性があるので、毎日の健康チェックや栄養価の見直し、運動など気をつけていれば防げる病気も多くあります。

また、歯の伸び過ぎてしまうと口が閉まらなくなってしまう事もある為、病院で歯を削ってもらう必要が出てきます。

歯の伸びすぎを防ぐ為に、固めのペレットやオモチャなどをゲージの中に入れ、歯の手入れを自分で出来る環境を作ってあげましょう。

ハムスターが獣医師に診察をしてもらうときには、多くの場合が、保険などは無い為、診察料金は全額自己負担になる事が多いです。

近所のハムスターの様な小動物を診察してくれる評判の病院を探しておき、様々な口コミなどから、合う病院を探しておきましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ