ハムスターを飼育する

ハムスターは、可愛い容姿と仕草で、飼う人の心を癒してくれる動物です。

飼育には、大型のペットと違い、お金も沢山はかからず、散歩なども必要ないので、時間に余裕が無い人でも飼育が可能です。

しかし、簡単に飼育できるからといっても、部屋の掃除やエサやり、体調管理など他のペットと変わらず大切に育てるべき動物でもあります。

特に、子供のいる家庭で、動物アレルギーなどがある場合、ペットを飼育できない環境にいる方、ペットにあまり時間を避けない人などから絶大な人気があるハムスター。

実はハムスターは、夜行性で夜活発に動く動物なのですが、それでも、1日平均14時間以上も眠る動物で、眠っているときに起こされるとストレスを感じてしまいます。

ハムスターを飼育する場合には、抱っこやさわったりはあまりしないで、観察する飼育方法が良いでしょう。

ハムスターを飼育する上で大切な事は、エサ選びや与え方、部屋の掃除、運動とあります。

まず、エサは、栄養素がバランス良く入ったハムスターのフードはバランスの良いエサになります。

そこに、新鮮な野菜や果物などを組み合わせて与えてあげる事で良い栄養状態を保つ事ができます。

部屋の掃除も、エサの食べ残しやトイレの砂の交換などは、毎日行う事が理想です。

他の床材の交換は2週間から1ヶ月程度の間隔で交換してあげる事が理想ですが、汚れたら早めに交換するようにしてあげて下さい。

運動は、ハムスターやネズミの運動用のまわし車などを部屋につけて、ハムスター自信が好きなときに運動できる様にしてあげる環境も必要です。

また、ハムスターは、狭いところが好きなので、トンネルなどを設置し、運動もでき、隠れる事もできる環境は、ハムスターにとって最高の環境といえると思います。

ハムスターの種類

ハムスターを飼育するときには、まず、飼うハムスターの種類を知る事が大切です。

○ジャンガリアンハムスター
大人の体長が6cm程度~11cm程度で、最近人気の高い種類です。

手乗りもしてくれて、人に慣れるのも容易な種類ですので、小さな子供さんがいる家庭で特に人気があります。

ジャンガリアンは、兄妹や親子、夫婦での飼育も可能ですが、性格が凶暴な子もいるので、喧嘩をする場合には、離して飼育する事が大切です。

○ゴールデンハムスター
大人の体長が18cm~20cm、体重は120g程度あり、ハムスターの種類の中でも最も大きく、子供でも飼育しやすい種類のハムスターです。

抱っこもしやすく、人に慣れてくれる性格の子も多いおで特に子供が管理し飼育する場合にオススメのハムスターです。

しかし、ゴールデンハムスターは、縄張などにこだわりがあり、1匹で飼育をしないと喧嘩などの原因にもなるので、注意が必要です。

○ロボロフスキーハムスター
ハムスターの種類の中で最も、小さい種類のハムスターで、体長は5cm~7cm程度、体重も大きくても30グラム程度のハムスターが多い様です。

体が小さい為か、性格は臆病で、急に人の手が現れたりすると、攻撃をして自分を守ろうとする事が多い種類でもあります。

その為、小さな子供がいる家庭では、あまり飼育には向かないハムスターで、静かな環境で飼育される事が最も好むハムスターです。

○チャイニーズハムスター
体長が9cm~12cm程度、体重が30g程度のハムスターで、長い尻尾が特徴的で、ハムスターの中で、最もネズミに近いハムスターです。

においも他の種類に比べると少なく、動きも見た目もネズミのようなハムスターです。

○キャンベルハムスター
体長が6cm~12cm程度で、ジャンガリアンハムスターより少し大きめのハムスターで外見も似ています。

好奇心旺盛で、気が荒い性格の子が多く、噛み付き癖がつきやすい種類でもあります。

人に慣れることもあり、慣れると甘えてくれる事もありますが、噛み付き癖が1度ついてしまうとなかなか直らないので注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ