つけまつげの付け方

つけまつげとは、人工で作られた、まつげの一種で、いわば、まつげのカツラの様なものです。

つけまつげは、多くの種類がありますが、つけまつげを付ける事によって、目の輪郭をハッキリさせ目を大きく見せる事ができます。

最初に流行にたのは、1950年代~60年代に大流行しましたが、その後つけまつげを付ける人は減っていきました。

その後、2000年代に入ると、また若者を中心に人気が爆発して、今では、化粧には欠かせない人気の化粧品道具になっています。

つけまつげの付け方は、つけまつげを購入時にケースに書いてあることが多いですが、説明書どおりに付けないと、結膜炎やものもらいなどの原因になることもあるので注意が必要です。

また、つけまつげを装着する際に利用する、のりにも、アレルギー対応のものから、非対応のものまで様々ありますので、自分の肌に合ったものを利用する事が大切です。

つけまつげの種類

つけまつげの種類には、まつげの量や長さなどが選べたり、色合いや、装飾されて物など様々なつけまつげがあり、シーンに合わせて付け替える方もいるようです。

また、上まつげ、下まつげで別の物や、細かくカットされているつけまつげを気になる部分に付ける方法などがあります。

つけまつげには、髪の毛と同じくエクステがあり、エクステを利用して、毎日、つけまつげを脱着せず、自然なまつげにする事ができます。

化粧の時間は短縮する事ができ、忙しい方などにはとてもオススメですが、費用がつけまつげに比べて多くかかり、時には事故が起きてしまうこともあります。

平成21年には被害が100件以上あったと言われ、目が腫れてしまったり、眼科の病気になってしまったりする事がある為、サロン選びも慎重に行う事が大切です。

最近では、つけまつげは付けたくない40代以上の方や男性も、まつげエクステを行い、美容に気をつける方が増えています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ