観葉植物を育てる

観賞植物は、インテリアや癒しっとして愛されています。 植物は、昔から化学物質や排気ガス、二酸化炭素などを浄化してくれる作用があることは知られていますが、実は観葉植物もそのような作用があるんです。

なた最近の研究では、ダニやカビの胞子や卵、死骸やペットの毛なども吸収や除去をしてくれる働きがあることが分かっています。

この他にも、人間は緑を見る事で、疲れが取れたり、癒しの効果があったりっと、様々な効果があります。

日本で育てられている観葉植物は、なんと1000種類を越えるっとも言われていて、多くの種類があります。

特に観葉植物を買うときには、自宅の雰囲気やカラーなどに合わせて、最も合ったインテリアをおきたいっと考える方が多いっと思います。

観葉植物は、そんな願いもかなえてくれ、お気に入りの葉の形や色など、自分好みのものがきっと見つかるようになっうています。

そんな観葉植物の育て方は、一般に良く知られているのが、水のあげ方です。

観葉植物には、それほど多くのお水は必要ではないので、数週間に数回程度の水遣りで十分なんです。

逆に水を多く上げすぎてしまうと、枯れてしまう原因になるので、目安っとしては、全体的に土が乾いてきたらお水をあげるようにすると良いです。

また、鉢の下に水の受け皿を常に置いておくと、根が腐ってしまう原因になるので注意が必要です。

観葉植物は、日が当たらないところや部屋の中に置く事が多い植物ですが、多少日があたるところに出してあげたりすると根が強くなり、枯れにくい植物になります。

また、大きな葉っぱの植物の場合には、呼吸がしやすいように、葉を濡れたタオルなどでふき取ってあげると良いでしょう。

どんなに大切に育てていてもいつかは枯れてしまうものですので、葉が枯れてきてしまった場合には、その葉を切り取る事をオススメします。

この他にも、実は観葉植物にも病気があって、ひどい場合には全滅してしまうものもあるです。

古い土を使ったり、風通しが悪かったり、様々な原因で病気になってしまいますが、中には、市販の薬で治るものもあるので買う前に一度、観葉植物の病気などについてよく調べておく事をオススメします。

観葉植物の主な病気

観葉植物の病気の原因には、水を与え過ぎたり、受け皿に常に水が溜まっていることが原因の根腐れや、高温多湿、乾燥や害虫などによって病気にかかってしまいます。

観葉植物の主な病気にはいくつか種類がありますが、そのうちのいくつかをご紹介します。

炭疽病:葉の表に楕円形で大きな斑点が出るのが症状で、その斑点の部分から葉が腐ってしまう病気です。

うどんこ病:葉の表面にうどんの白い粉を吹きかけたような白い粉がついてしまう病気です。

似たような病気で、「灰色かび病」っと言う病気もありますが、こちらは、灰色の粉がついたような症状ですが、この灰色のものは、実はカビなんです。

軟腐病:茎や根が油浸状になってしまい、腐ってしまう病気で、ひどい場合にはほぼ全滅してしまう可能性もあります。

白絹病:茎に白い絹の様な菌糸がつく病気で、そこからどんどん腐ってしまう病気です。

この他にも、害虫が葉を食べてしまう事もあり、極力、病気の原因っとなる水の上げ過ぎや高温多湿、通気が悪いなどは解消してあげ元気に大きくなってくれる様サポートしてあげましょう。

観葉植物をインテリアで飾る

観葉植物は、お部屋に置くだけでもインテリアとして利用できますが、最近では育てる土も、おしゃれにする事が主流になっています。

その一つに、ハイドロカルチャーっと言って、 土を使わずに観葉植物を育てる事のできる水耕栽培方法の事で、人工的な用土で植物を育てます。

水のあげ過ぎると、根腐れがおきてしまうことから昔はあまり主流ではありませんでしたが、土を使わないので衛生的で植物の病気も予防する事ができる事から最近話題になっています。

穴の空いていない容器に植物を植え替え、様々なカラーのハイドロボールなどを入れ、ガラスや透明な容器に入れて飾ると、自分好みのバリエーションで観葉植物を飾ることができます。

ハイドロカルチャーは、水をあげると、水を吸い込み、通常の土の様に水をあげなくても良いのが、特徴で、手入れもしやすいです。

また最近では、レインボーゼリーっといって色鮮やかなゼリー状のものも販売されていますが、実は、こんなゼリーでもしっかり植物は育つんです。

植物管理も簡単で、園芸植物用など様々な種類があります。

このレインボーゼリーの場合、水やりは、ゼリーに水分がなくなるとしぼむので、そうしてから水を与えれば十分ですので管理がとても簡単です。

ハイドロカルチャーは、安価に購入する事ができるので植え替えもしやすいのが特徴です。

自分好みの観葉植物を飾って、是非、観葉植物で癒されてみて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ