養子縁組とはについて

養子縁組とは、具体的な血縁関係の無い子供などに親子関係を生じさせる行為を養子縁組っと言います。

養子縁組の手続きには、各市区町村の役所に置いてある、養子縁組届けを提出する必要があります。

他には、戸籍謄本や届出を出す市区町村役場によって住民票などの提出も必要になる事があります。

養子縁組を行う事で、法律上婚姻関係にある男女の子供としての養親と同じ苗字を名乗る事ができます。

養子縁組を行う時っと言えば、子供がいる方との婚姻で、連れ子との親子関係を持つ為だったり、婿として迎える場合など。

他にも、一定の条件を満たしている家庭で、里親として、子供を育てる場合に、子供との親子関係を持つ為などの事由で行う事があります。

それほど、養子縁組を行おうっとする方は少ないものの、最近の離婚率の高さから見ると、今後、養子縁組を利用する方が増えるっとも言われています。

養子縁組を行う場合には、まず、養子縁組についてや効果、効力などを確認し、養子縁組の種類なども理解した上で行う事が大切になります。

養子縁組の種類 普通養子縁組

普通養子縁組っとは、一般に行われる事の多い養子縁組で、養子となる子供や養親となる方の意思が合っていれば、市区町村に必要書類を提出して行える養子縁組です。

簡単に養子縁組できますし、万が一何らかの理由で離縁する場合も、双方の意見が合っていれば、必要書類を市区町村に提出して行えるものです。

その為、子供連れの再婚などの場合や婿養子をもらうときにも良く利用される養子縁組です。

しかし、実親との関係は戸籍上残り、戸籍上は、実親と養親っとの二重親子関係になり、戸籍には養親、養子、養女っと記載されます。

また養子縁組を行う際に、子供が15歳未満の場合、実親の許可が必要になり、親権がなんらかの事情で停止されている場合にも許可を取る必要があります。

原則として、配偶者や連れ子でない場合の養子縁組には裁判所の許可が必要になる場合もあります。

様々な家庭状況が考えられるので、養子縁組を考えている方は、一度家庭裁判所で、詳細を話し、どのような手続きが必要なのか確認する必要があります。

普通養子縁組でも縁組が開始された日から配偶者が万が一死亡したときに法定相続人になる事ができます。

その為、養親に実の子供がいたとしても相続分は変わりません。

また養子が先に死亡した場合には、養親、実親が法定相続人になり、相続割合はたがいに変わりません。

ただし、片親とのみ養子縁組した場合などには、法定相続の割合が変わってくる事があります。

養子縁組の解消には、当事者の意見が合えば、書類を提出して行う事ができます。

養子縁組の種類 特別養子縁組

特別養子縁組は、普通養子縁組とは違って、厳格な規定が多くあり、特別養子縁組を行う人も少ないのが現状です。

特別養子縁組は、家庭に恵まれなかった子どもに温かい家庭を与え健全な育成を目的として昭和62年に民法で制定された制度で、実親とは縁が切れてしまうものなので厳格な審査があります。

条件の一つに、養子になる子どもは6歳未満の子どもであることが限定されていて、稀なケースを除いては、6歳以上の子どもは養子縁組を利用する事は出来ません。

また、養親は、25歳以上の結婚されている方か、片方が25歳、もう一人は20歳以上で夫婦で養親になる必要があります。

更に、実親の許可が必要になり、時には家庭裁判で裁判になるケースもあります。

そして、普通養子縁組と特別養子縁組の大きな違いは、普通養子縁組は、戸籍欄に、養親、養子、養女っと記載されますが、特別養子縁組の場合には、通常の子どもと同じく長男、長女っと戸籍に記載されます。

特別養子縁組を行う時には、厳しい基準がありますが、離縁するときも、普通養子縁組の場合には、離縁をするときにはお互いの意思で離縁する事ができますが、特別養子縁組の場合んには、離縁する場合には厳しい基準があります。

1、養親による虐待、悪意のある遺棄、その他養子の利益を著しく害する事由があった場合

2、実父母が相当の監護をすることができる

この二つの要件に当てはまる場合にだけ、裁判所で離縁する事ができます。

特別養子縁組は、養親と養子が実の親子っと同じ様な関係を作る事が目的で制定されたものですので、安易に離縁などが出来ない仕組みになっています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ