離婚の原因と理由について

離婚っとは、婚姻関係にある男女が婚姻後に起きた事を理由っとして、婚姻関係を解消する事を言います。

最近では、テレビなどへの出演回数の多い芸能人などの離婚が多く、一般の方にもこの影響が波及しています。

離婚される方の原因っとして、最も多いのが、「性格の不一致」っとなっていて、次に多いのが「DVドメスティックバイオレンス」

次いで、「浮気、不倫」、「生活費を渡さないなどの金銭トラブル」「精神的虐待」っとなっています。

この様な原因以外にも離婚原因は多くありますが、最近では右肩上がりに離婚者が増えていて、結婚した事のある男女のうち4人に1人は離婚経験者っとも言われています。

実際の離婚件数は、1980年代では、17万件程度だった離婚件数も2000年代に入って20万件を突破し、毎年離婚件数が増えていっています。

この背景には女性の働く場が増えた事や、景気の悪化、子供に対する教育方法など様々な要因があるっと言われています。

また、団塊の世代で特に流行った「熟年離婚」の様に、年金を払っていない妻にも年金の支給をする法律が施行されたことで、我慢する事が無くなり、第二の人生を歩き出す主婦も多くいます。

しかし、離婚問題は夫婦間だけの問題でなく、子供がいる家庭では、子供のストレスになる可能性も十分にあります。

離婚を決断するときには、十分に子供の事や将来を考えて行う事が大切です。

離婚の種類

離婚っと一言で言っても離婚方法や夫婦の離婚に対する考えか方で手続きの方法が変わってきます。

この手続きは2つの種類に分けられ、「協議離婚」と「裁判離婚」があります。

この内容についてご紹介したいと思います。

□協議離婚: 夫婦供に離婚に合意していて夫婦だけで、離婚や今後の生活などについて話し合い離婚を成立させる方法です。

「性格の不一致」などでの離婚の場合、ほとんどがこの協議離婚書で離婚する方が多いです。

中には、この時に、子供の養育費や慰謝料なども話あってしまう事があるようですが、途中で払ってもらえなくなってしまう事もあるので、慰謝料や養育費に関しては、家庭裁判所などで決めておくと良いです。

□裁判離婚: ○調停離婚:家庭での離婚問題は、直ぐに、裁判を起こすっと言うわけにはいきません。

まずは、話し合いで離婚問題を解決する事が大切っと考えられている為、調停委員などが話し合いに入って客観的に離婚についての相談や話し合いを行ってくれます。

その後調停で、話し合いが成立して離婚する事になると、調停調書を作成して離婚が成立しますが、万が一成立しなかった場合には、地方裁判所に訴訟をおこし、裁判で白黒はっきりつける事になります。

調停離婚を行う場合には、お住まいの地域の家庭裁判所で書類を書き、必要な書類と印紙などを提出すれば誰でも申し立てする事はできます。

また、離婚の原因を作ってしまった方でも申し立ては可能で、離婚調停の理由によって拒否されるような事はありません。

この書類提出後、1ヶ月程度で、調停が開かれる日が決まり通知がお互いの自宅に届きます。

そして調停が開始されるわけですが、1回で話し合いが終わる事は稀なケースで、数回話し合いを重ねる事のほうが多いのが現状です。

○審判離婚:審判離婚っとは、裁判委員の意見を聞いて離婚の有無を決定する方法で、、なんらかの事情がある場合に、強制的に離婚を成立させる事ができます。

夫婦ともに、審判離婚を望んでいる場合や、感情的になってしまっている時や、お互いに離婚には合意しているものの、なんらかの事情で調停に出席できないときなどが審判離婚の対象になります。

この時、親権者や監護者の指定や養育費や慰謝料、財産分与などのお金や子供の事なども審判で決める事ができます。

離婚には合意しているものの、条件がお互いに合わない場合などに利用される事が多いです。

○判決離婚:上記の協議、調停、審判での離婚が成立せず、それでも離婚したい場合に行える方法で、地方の家庭裁判所で行われる裁判を行います。

ここまできてしまうと、判決裁判では9割以上の方が弁護士に依頼していて当事者同士の話し合いは難しくなってしまいます。

判決裁判では、勝訴する為に様々な書類の提出が必要でその中でも、離婚に至った原因の証拠が最も大切です。

浮気が原因なら浮気の証拠、DVであればその証拠が必要になり、この書類の収集も、弁護士にお願いすればある程度は行ってくれます。

判決裁判を行う場合には、配偶者の浮気や強度の精神病にかかり回復の見込みが無い場合、婚姻を継続できない重大な事由(DVなど)の原因がある場合に起こす事に出来る裁判です。

そして、判決確定後、内容が不服な場合は、控訴や上告をして、高等裁判所や最高裁判所に訴えを起こす事ができます。

厳格な裁判ですが、裁判途中でも、和解する事は出来、その際には、裁判官が和解を勧告する事があるのです。

また、離婚以外にも、夫婦ではあるものの、住む場所を別にする別居などの方法で、少しの期間離れ頭を冷やす方法もあります。

芸能人のブログなどでは、別居についてなど様々な事が書かれていることも手伝ってか、一般の家庭でも家庭内別居などを行う夫婦も多いようです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ