猫の食事について

猫を飼育するときに絶対に必要になるのが、毎日の食事です。 猫によって好みも違うので、様々なキャットフードがありますが、理想的な猫の食事や管理についてなどをまとめましたので、猫を飼育される方は是非参考になさって下さい。

猫は、昔も今も肉食で、ねずみや鳥などを自分で捕獲して食べていましたし、今でも、虫などを捕まえて食べる事があると思います。

しかし、人間に飼われることによって猫は自分で餌を取る必要が無くなり、完全室内飼育の場合は、ねずみや、虫などを見つけても遊ぶだけっと言う猫もいると思います。

猫に本当に必要な栄養素は、この様な動物を食べて補ったり、毛を手入れする際に食べてしまった毛を吐く為に、まれに草を食べる事があります。

猫は真性肉食動物なので、人間の様に、30種類もの野菜などは必要とはしていません。

ですから、一昔前の「猫マンマ」の様な、お味噌汁にご飯っと言った食事では猫に必要な栄養は補えないのです。

また、人間に飼われるようになった猫の特徴としては、猫は、塩や醤油などで味付けされた食べ物が好物で、良く、人間が食べている食材を食べてしまったりする事があると思います。

しかし、人間用に味付けされた食べ物は、塩分やたんぱく質が多く、人間とは違いたんぱく質は必要っとする量が人間とは5倍は違うっと言われています。

また、塩分は、人間は汗と一緒に排出されますが、猫は汗をかかないので、あまりに多くの塩分を摂取すると、心臓や腎臓に大きな負担をかけてしまう事になります。

つまり、猫の食事をしっかり管理していないと、猫のガンなどの病気や肥満、時には、死に至る事もあるんです。

猫の食事を気をつけてあげる事で、未然に病気を予防したり、長生きする事ができるので、きちんと、毎日の食事を見直してあげてみて下さい。

猫の食べる物、食べてはいけないもの

猫が食べる物っと言えば、思いつくのは、ねずみや鳥などを思い浮かべる方も多いでしょう。

猫の本来の姿を出してあげるにはとても良い食材で、一部の方は、綺麗なねずみなどを購入して、餌として与えている方もいる様です。

しかし、全ての方がねずみを食事で与えられるわけではないですし、なかなか手に入れるのも難しいっと思います。

そんな中、猫の餌っとして利用されているのが「キャットフード」ですが、実はキャットフードも、与え方や猫の種類、キャットフードにとっては体に悪い事もあるんです。 まず、キャットフードを与える時の一番気になるのが、食べる量ですが、良く、猫の飼育の仕方などをまとめた本などでは猫の頭の大きさなどを参考にするようにっと書いてある場合があります。 しかし、毛の多い猫ですので、どこからどこまでが頭なのか実際分からない事があると思います。

そんな時には、キャットフードの表面に記載してある量を参考にする事が最も良いっと言われ、キャットフードの種類によって与える適正量が違ってくるので、キャットフードの袋に記載してあるものを参考になさって下さい。 猫は与えられた餌は全て食べてしまう癖があるので、お皿に多く入れすぎると全部食べてしまい肥満の原因になります。

また、多数飼育の場合も、誰か1匹が他の猫の餌も食べてしまうような事もあるので注意が必要です。

猫の体調や成長具合、年令や妊娠中など様々な場合によって与え方が変わってくるので、毎日の猫の様子を観察する事も大切になってきます。

キャットフードなどのドライフード以外では、猫用缶詰なども与えてあげ、たまにチーズや煮干などの骨の小さな魚を与えてあげると栄養バランスが整います。

逆に猫に食べさせてはいけないものっと言えば、有名なもので、チョコレートやたまねぎなどの葱類があります。

チョコレートを猫が食べてしまうと糖尿病の原因になり心臓にも大きな負担をかける事になります。

また大量に食べてしまうと、テオブロミンっと言う物質が体外に排出されずに体にたまるので、「チョコレート中毒」になってしまう事もあります。

万が一食べてしまった場合には、一度獣医師の診察を受ける事をオススメします。

牛乳も、特に子猫に与えてしまうと、下痢の原因になる事がるので、特に与える必要はありません。

また冷えたものも与える事は控えたほうが良く、腸が刺激されて腸炎や下痢を起こしてしまう事があります。

しかし、特に熱い夏などには与えるお水に小さな氷を一つ入れておいてあげると冷たいお水が飲めて熱中症の予防になります。

猫は、ねずみなどを食べますが、鳥や魚の大きな骨は喉や口の中で刺さってしまう事があるので、特に注意が必要です。

他にも、ドッグフードなどの猫以外のご飯を与える事も危険で時には失明や腸炎などの原因になるので絶対に与えてはいけません。

この他、人間が食べるしょっぱい物や塩分の多いものは与えないようにしてあげて下さい。

猫は味の濃いものが好きですし、大好きな飼い主が食べているものは何でも気になるんです。

小さな頃から人間の食べる物を与えられると、今度、健康の為にっと止めた時、ストレスになってしまったりするので、小さな頃から人間の食べる物は与えないようにします。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ