告別式 マナーについて

告別式とは、通夜の翌日に行われる行事で、火葬場に向かう出棺の前行事っとされていますが、関東の一部や東北地方では、火葬が先の行われる地域もあります。

通夜は、知人など多くの人が参列しますが、告別式では、ごく親しい親族や知人が参列する事が多いので、告別式が始まる前には、式場に入っている事が望ましいです。

また、その後の火葬場への移動などで、バスを利用する事もあるので、火葬場に向かう方は事前に親族に申し出るのが望ましいです。

告別式での服装のマナーは、喪服を着用していくのが、マナーです。

時計やアクセサリーもゴールドなどの金具が付いているものは避け、シックなものを付けていくのがマナーです。

また、女性では、ダイヤなどのネックレスではなく、真珠のネックレスなどをつけていくのがマナーです。

最近では、シックな色の黒などの真珠もあるので、一つは持っておくと良いでしょう。

また、夏になると、半そでで式に出席される方もいる様ですが、これはマナー違反ですので、長袖や肌の露出を抑えた服装が良いです。

持ち物では、カバンなどは、皮やファーの素材のものは、殺生を連想させるのでNGです。

光沢の無い黒のカバンを持つ事が良く、中には、白のハンカチやティシュなど必要最低限のものを入れ、他に数珠や袱紗(ふくさ)を入れます。

袱紗の中には香典袋などを入れますが、香典袋を裸で持ち歩くのは厳禁ですので、特に女性は、1つ持っておくことが良いです。

式に出る前に、会場の受付の方や親族の方と話をする際には、まず、お悔やみの言葉を述べるのがマナーです。

しかし、この時、死因や、死、死亡などの言葉や、度々、くれぐれや皆々様などの重ね言葉は、不幸が重なるっと言うイメージから厳禁です。

挨拶の際には、「このたびはご愁傷様でした。心よりお悔やみを申し上げます」などの言葉を言うと良いです。

そして、式中に行われるお焼香は、宗教などで変わってきますし、最近では告別式の時に、初七日っと言う法要を済ませてしまう事もあり、何度も焼香する事もあります。

これは、案内される通り、行い、親族などの焼香の仕方を見ておくと良いでしょう。

この他様々な問題

訃報を知った時、遠方にいたり、何かの事情で葬儀に出席できない場合などどうしたら良いか悩んでしまう事の対処方法などをご紹介したいと思います。

葬儀に何かの事情で出席できない場合には、告別式前日までに弔電を斎場に届く様に手配をします。

基本は、あて先は、喪主の名前で送りますが、分からない場合には、○○家 ご遺族様などと書いても問題ありません。

また、初七日までにお悔やみの手紙などを添えて香典を郵送で送ったり、通常、火葬後は四十九日までは自宅に遺骨を安置するので焼香するときに持って行っても構いません。 また、通夜や告別式には出席はしないで、弔問に伺う場合には、遺族に配慮し、行っても構わない時間を確認してから伺う様にしましょう。

その時の服装は、喪服では、訃報が訪れるのを知っていたっと思われてしまうので、喪服ではなく暗めの肌の露出の少ない服装で伺うのが最も良いです。

また、香典も持参すると、訃報を待っていたの?っと思われてしまうので、弔問の時には、枕花を花屋で購入して持参するのがマナーです。

親しい間柄だった場合には、弔問と通夜、告別式全て出席しても構いませんが、それほど親しくなかった場合には通夜7や告別式のどちらかに出席するだけでも構いません。

何かの事情で、葬儀後に訃報を知った場合には、基本的に火葬後も四十九日までは遺骨を自宅に安置しているので香典などを持って訪問し、焼香させてもらいます。

親族の代理で、通夜や告別式に行く場合は、香典の表書きにはいくはずだった方の名前を、受付の記帳にもその方の名前を記入し下に(内)っと書くのがマナーです。

葬儀は、それほど多く経験する事はないので、分からない事や、出席すべきかどうか悩んでしまう事もあると思います。

特に、遠い親戚の場合などのときには、親族などと十分に話し合ってから出欠席を決める事が大切です。

友人の場合にも、他の友人などと相談して香典などを決めるのも良いですが、一般的に香典の包む金額は、それぞれです。

しかし、それほど仲良くなかった場合には、5000円程度、親しかった場合、1万円、親族の場合3万円以上っと相場があります。

金額は、4000円など、4が入る数字は避けるのがマナーで、包み方も、お金に書かれている人の顔が表からみて後ろ向きになり、人が下にくるように袋に入れるのがマナーです。

また特に女性の場合には袱紗に、香典袋を入れて持参するのがマナーですので、一つ持っておくのが良いです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ