犬の人気ランキングについて

ペットとして愛されている「犬」実は、犬は、人間が始めてペットとして飼い始めた動物で、昔から犬は番犬や狩猟などで供に共存してきた動物なんです。

その為、人間への忠誠心も強く、犬種によっては、人間の言う事をしっかり聞き分け、様々な面で、人間の手足っとなってくれる犬種もいます。

あまり知られていませんが、国際畜犬連盟に公認されている犬種は、330種類以上います。

そこで、ここでは、人気のある犬種と性格などをご紹介したいと思います。

□第1位:トイ・プードル
小型犬で、無駄吠えする事も少ないので、集合住宅などでも好まれる犬種です。

性格は穏やかで、飼い主や家族に従順ですので、小さなお子様がいても安心して飼うことができます。

毛も抜ける事が少ないく、モコモコした毛が特徴で、様々なスタイルにカットでき、道をぬいぐるみが歩いているっと勘違いしてしまうほど可愛い容姿をしています。

とても活発で遊び好きなので、沢山、遊んであげる事で、ストレスなどの軽減に繋がります。

□第2位:チワワ
とても体は小さいものの、気は強く、不審者や飼い主の愛情を受けている人に攻撃をする事もある攻撃的な犬種です。

しつけっとして怒った事を根に持ち、逆ギレしたり、言う事を聞かなくなってしまうマイペースな面を持ちますが、飼い主の愛情を一身に受けたい為っと言われています。

とてもマイペースで、お留守番も楽しんでしまう面があり、一人暮らしの女性には、番犬にもなるのでオススメです。

しかし、自己中心的な子が多く、しつけはあまり効果が無く、逆にイジメられているっと勘違いしてしまう事もあるほどです。

散歩は、お家の中で遊ぶ程度がちょうど良く、無理に外に連れ出さなくっても問題ありません。

□第3位:ポメラニアン
小型犬ですが、陽気でいつも何かにはしゃいで遊んでいる元気な犬種です。

無駄吠えも少ないですが、気が強く、子供などの騒ぐ音でキレテしまう事も少なくなく噛まれてしまう事故も起きています。

骨も弱く、多少の高さから降ろしただけで、骨折してしまう事もあるので、子供がいる家庭ではあまりオススメできない犬種です。

しかし、不審者には、立ち向かう強さも持っているので、女性の一人暮らしなどをしている家庭にオススメの犬種です。

飼い主にチヤホヤされるのを最も好み、いつも自分が輪の中心にいたいっと言った、傍若無人な面もありますが、可愛さから飼育する人が多くいます。

□第4位:ダックスフンド
小型犬で、とても人懐っこく、好奇心旺盛な犬種で、観察力が強く、人の言葉や行動を理解してくれる犬種でもあります。

生活を供にしていく中で、家族の状況などを日々学習していく理工な犬で、昔は、ウサギ狩りの為に小型化された経緯から、今でも勇猛果敢な性格は変わらない為、番犬っとしても役に立ちます。

ダックスフンドの種類によっては、若干性格が違いますが、家族や子供がいても飼育する事が可能で、大切な家族のパートナーになれるでしょう。

□第5位:パピヨン
耳が大きく、可愛い顔立ちで人気の高いパピヨンですが、しつけがしっかりしていないと、わがままで攻撃的な性格になってしまうんです。

とにかく、このつぶらで、綺麗な目に見つめられると、心奪われてしまうほど美しい目と綺麗な毛並みで、愛犬家を魅了します。

また、主従関係がしっかりしていれば、ワガママも言わず、家族の中に子供がいても特に問題が無い事もあります。

しかし、パピヨンを飼育する場合には、初心者よりは、犬を十分に理解している人のほうが飼育しやすい犬です。

犬の人間との活動

犬は、昔から狩猟や番犬などとして人間っと付き合ってきた動物です。

それは最近も変わらず、番犬として犬を飼育する家庭もありますが、近年では、可愛い犬に癒される為に飼育する方も増えています。

この他にも、犬は他の動物とは違って、様々な形で人間の生活を支えてくれています。

その活動の一部をご紹介します。

□体が不自由な方を助ける犬
盲導犬や聴導犬、介助犬など、最近では、介護の現場でも多くの犬を目撃する事ができます。

犬が、介護者や目の見えない方、耳が聞こえない方に変わって、行動で、危険を教えたりしてくれることは昔から行われてきました。

しかし、最近では、介護の現場で、高齢者の心の癒しや病院などでは治療の方法っとしても利用されています。

この様な場では、主に、ラブラドールやゴールデンレトリーバーなどの大型犬が活躍しています。

□警察など捜査などを助ける犬
警察などが利用する警察犬、麻薬探知犬爆発物探知犬など、嗅覚が、人間よりも優れている犬がこの様な場でも活躍しています。

未然に犯罪を防ぐ事でき、一般人を守るために小さな頃から厳しい訓練などを受けた犬だけがなれるのですが、一部動物愛好家からは、犬の早死に繋がるっと利用を廃止する様に要望する方もいます。

警察などで活躍している犬のほとんどが、ジャーマンシェパードやドーベルマンなどの大型犬が活躍しています。

この他にも、災害時の人間の捜索などでも活躍していて、2011年3月の東日本大震災でも多くの救助犬が活躍していました。

犬のタイプに合わせて、様々な利用がされている犬ですが、逆に、人間の勝手で捨てられてしまい、保健所などで一時保護されるものの、飼い主が現れなければ、殺処分されてしまう犬も多くいます。

毎年、保健所で殺処分されてしまう犬は、8万匹を超え、人間の勝手で、大切な命が奪われてしまっている現実もあります。

安易に、飼育し、環境が変わったからっと捨ててしまうような事は絶対にしてはいけない事だっと皆さんが認識し、犬を大切に飼育してあげて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ