お葬式について

お葬式っとは、人の死後、行われる儀式の一つで、最近では、愛するペットが亡くなった時にも葬儀を執り行なう場合があります。

お葬式は、地域や信仰している宗教によって、式の仕方も違ってきますが、一般的には、通夜の後に告別式を行う事が最も多く、葬儀の様式も様々です。

□密葬:
亡くなった方の家族やごく親しい親類、友人のみで行う葬儀の事です。

政治家や芸能人の様に多くの参列者が来る事が分かっている場合に、事前に密葬を行い、その後、お別れの会などを行う事が多いです。

□家族葬:
密葬っと勘違いされがちですが、家族葬の場合には、ごく親しい家族や知人のみだけで執り行なわれる葬儀を家族葬っと言います。

弔問を受け付けない場合が多く、告別式の後、参列者も火葬場に向かう事が多いです。

□市民葬、区民葬:
亡くなった方や喪主が住んでいる自治体で行う事のできる葬儀の事で、決められた葬議場、火葬場を使う事が限定されますが、割安な料金で葬儀を行う事ができます。

特徴っとしては祭壇や霊柩車、火葬料などがセット料金になっていますが、このほかに、ドライアイス代や遺影、斎場費などがかかる事が多く、セット料金以外を高額に請求する業者もいる様なので、注意が必要です。

□社葬:
会社の経費で執り行なう葬儀の事で、企業の社長や役員や業務中に亡くなった社員などの功績を称えるために行われます。

多くの社葬の場合、参列者が多くなることが予想されるので、通常の葬議場ではなく、かなり大きな式場などを利用する事が多いです。

この他にも、式は行わず、火葬だけを行うタイプの式など、低迷している経済に合わせて、様々な形の葬儀が出てきています。

日本で行われている葬儀は、主に通夜を行い、その翌日に告別式をしてそのまま、火葬場に向かう事が多いです。

通夜は、亡くなった方の遺体を納棺した後、葬議場や自宅などで行う事が多く、1日中、線香を絶やしてはならないっと言う習慣があります。

最近では、太い1本の線香や蚊取り線香の様な渦を巻いた線香などで、喪主や親族の体調を十分に考慮した形の線香なども利用されています。

通夜の形式は、夕方から参列者を招き、僧侶に読経を1度行う形の半通夜をする事が多いです。

その後行われる告別式では、通夜の翌日、昼前後から行われ、葬儀後、出棺されて火葬場に向かいます。

しかし、東北地方の一部では、火葬を先に行い、その後、告別式や納骨を行う地域もあります。

通夜のマナー

お葬式っと言うと、頻繁に行われるものではないので、マナーを知らない方も多いのが現状です。

ある程度の年令になると知らないと恥ずかしいマナーもありますので、是非、参考になさって下さい。

□通夜でのマナー 通夜は、いくつかの種類に分けられ、1時間~3時間程度で終わってしまう「半通夜」

亡くなってしまった当日の夜、親族などだけで行われる「仮通夜」

友人や知人などの弔問も受け付ける「本通夜」っと分けられていますが、実は、昔は、亡くなった方の霊をなぐさめるために一晩中線香や明かりを消さずに遺体っと供に過ごす事を「通夜」っと言うんです。

通夜の際のマナーとして以外と知られていないのが服装ですが、一般的に通夜は、急な連絡に喪服の準備が間に合わない場合などがある為、暗い色のスーツなどで向かっても問題ありません。

中には、喪服で伺う事で、「不幸を予期していたのでは」っと言われてしまう場合もありますので、注意が必要です。

しかし、最近は通夜までの期間が1週間空いてしまう場合もあるので、この様な場合には、喪服での参列も問題ありません。

通夜に伺ったときには、親族や受付の方などに、「この度はご愁傷様でした。心よりお悔やみを申し上げます」などのお悔やみの言葉をかける事が大切です。

しかし、親族などと話す場合には、死因などを聞くのはマナー違反ですので注意して下さい。

通常、通夜は、受付などが無い場合もありますので、その場合、香典は、祭壇に供える事が一般的です。

この際、自分側を正面にくるように供えますが、受付がある場合には受付に出すのが一般的です。

その後、式場の席に案内されますが、基本的には、席順は決まっていないので、案内の指示に従って順に席に着きます。 式の間にお焼香をする事もあると思いますが、お焼香は、宗派などによって行い方が違う事もあるので、親族のお焼香のやり方を見て行うので十分です。

お焼香がすむと、通夜ぶるまいの席に案内されることがあります。

通夜ぶるまいではお酒や食べ物が振舞われますので、一口でもいいので食べ、故人の思い出などを語り合いましょう。

しかし、親族などは悲しみにくれ、式の準備で忙しい日々が続いているので長居はマナー違反です。

また、どうしても通夜に出席できない場合には、早めに弔電をうち、お悔やみを親族に伝えましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ