猫エイズ 治療方法について

猫エイズの治療は、進行段階によって治療方法も違ってきますが、一般的に対処療法を行えば、長い間、延命が可能なのが特徴です。

猫エイズは、人間のエイズっと同じくまだ、完治の方法は見つかっていないものの、寿命を全うする事もできる為、初期のうちからの治療が大切になります。

□第1段階(急性期):この時期の治療方法は、抗生物質やインターフェロンなどの投与によってウイルスを死滅させる事も可能な時期です。

この時期の症状は、発熱や鼻水など、風邪の様な症状が数ヶ月続く事もあり、初めのうちは風邪と勘違いしがちですが、他の猫と接触があった場合などはエイズを疑い、病院に行きましょう。

できるだけ、早いうちの治療がとにかく大切で、この時期を逃すと症状がまったく現れなくなる無症状キャリア期に進行してしまうので、注意が必要です。

□第2段階(無症状キャリア期):第1段階での治療が出来ず、第2段階に進行してしまっても、直ぐに命に関わる事は少ないです。

しかし、徐所に、体力や免疫力が無くなっていく時期ですので、この時期の治療方法っとしては免疫力を高く保つ事が大切になるので、栄養価の高い食事を取るようにしたりストレスなどをかけないように生活します。

とにかく、この時期は、安心して生活環境を整えてあげる事が大切になり、なるべく早く、この様な環境を整えてあげることが大切になります。

また、猫の体調にも十分気を配る事も大切で、特に口の中の口内炎や下痢などの症状が見られたら、早めに病院で治療を受ける様にしましょう。

□第3,4ステージ(エイズ発症期):この時期は、慢性的な口内炎や腸炎、皮膚炎などの症状が現れる時期で、これに対する治療は、別の病気にならない様に、この様な症状を少しでも軽減させる対処療法を行います。

すでに、エイズウイルスは死滅する時期ではないので、対処療法しか行う事はできないものの、対処療法を行う事で、十分に長生きする猫も多くいます。

様々な症状が現れるので、症状が現れたらすぐに病院で治療をしてもらいましょう。

また、口内炎が痛く食事が取れなくなってしまうこともあるので、食事の内容も、食べられるものを食べてもらえるように工夫する必要があります。

それでも、食事が取れなかったり、脱水症状が見られる場合には、点滴などで栄養補給を行う事もあります。

たとえ、エイズが発症してしまっても、生活環境や栄養面を十分に配慮すれば、延命は可能ですので、決して諦めず、家族である猫を大切に育ててあげて下さい。

猫エイズの予防方法

きちんとした治療を行わないと、死亡してしまう恐ろしい病気の猫エイズ、猫エイズウイルスは、感染力はそれほど強くないので、空気感染はしません。

一番、気をつけなくてはならないのは、他の猫との接触で、特にオス猫は、縄張意識が強いので、外に出ると激しい喧嘩をする事があります。

その為、メスよりもオスの方が、倍近くエイズに感染する機会が多いっと言われています。

猫を飼う場合には、完全に室内で飼育すると、外のエイズキャリアの猫との接触を避ける事ができるので、室内飼育がもっとも適切な予防方法になります。

他にも、虚勢手術を行う事で、交尾でうつることのあるエイズウイルスを予防する事ができます。

更に、野良猫を飼育する場合には、エイズに感染後、3ヶ月程度しないと陽性反応は出ないので病院で検査をするまでの間、別のゲージで飼育したり、もともと家にいる猫との距離を取るように意識してください。

そして、猫エイズウイルスの予防注射もありますが、この予防接種は、あまり病院でも勧めているものではありません。

多くの場合、家の中での飼育をお願いする程度ですが、外に出てしまう癖のある猫の場合には、予防接種を勧める場合もあります。

しかし、予防接種を受ける事で、繊維肉腫という悪性腫瘍になってしまう事もあるので十分に医師と相談し、接種するかどうか検討する必要があります。

猫エイズの予防に、最も大切な事は、エイズキャリアを持つ猫っとの接触を避ける事が、最も適切な予防方法です。

外で暮らしている猫のうち12%もの猫がエイズキャリアっと言われています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ