猫のエイズについて

hiv(エイズ)は、人間でも死に至る病気で、恐れられています。

その為、猫エイズが判明すると、まだ発症もしていないうちから、「安楽死」などを検討してしまう飼い主もいます。

しかし、しっかりエイズの事を知り、症状が進行しないようにすれば天命を全うできる猫もいるんです。

ここでは、猫エイズについて感染から治療、予防方法まで掲載したいと思います。

まず、猫エイズっとは、猫後天性免疫不全症候群っと言う病気で、猫免疫不全ウイルスが感染しておきるものです。

猫の病気ですから、人間にうつることは無く、感染は、猫から猫へと感染していきます。

感染経路は、主に、ウイルスを持っている猫との交尾や血を流すほどの激しい喧嘩などで感染する事があります。

しかし、ウイルスを持つ猫から確実に感染するわけではなく一部の猫に感染し、発症も一部の猫にしか発症しません。

つまり、症状はまったく無くても、ウイルスを持っている事もあるっと言う事です。

しかし、症状が進行すると、死に至る病気ですので、ウイルスを持っている猫を飼っている場合には、体調に十分気をつけてあげて下さい。

猫エイズ 症状

猫エイズに感染し、症状が発症すると、その症状によって4段階に分類されます。

□第1ステージ:まず、エイズウイルスに感染すると、猫の体の中で、免疫細胞とエイズウイルスが戦い始める時期で、病院では急性期っと呼ばれます。

急に体調が崩れる事があり、風邪の様な症状の、鼻水や下痢が出るようになり、徐所に量も増えてゆきます。

また、リンパ腺が腫れる事もあり、腫れたリンパが気になり、しきりにリンパ周辺を舐めたり確認するような動作をすることもあります。

この時期は、ウイルスが体の中に入ってから数ヶ月でこの様な症状が現れるっと言われています。

□第2ステージ:第2ステージでは、急性期で現れた症状が無くなり、他の健康な猫と何も変わらない体調の事が多いです。

その為、飼い主も「風邪が治ったのか」っと勘違いしてしまう時期です。

この第2ステージの時期は長く、5年~10年もの長い間、無症状の期間があるようです。

□第3ステージ:第2ステージでは見られなかった症状が多く出てくる時期です。

この症状はエイズ関連症状っと言われ、慢性的な口内炎や下痢などを繰り返します。

しかし、症状がパタっと無くなったり、急に進行したりしながら、だんだん症状が重くなっていきます。

□第4ステージ:猫エイズウイルスが発症し、免疫機能がほぼ機能が麻痺してしまう為、ちょっとしたウイルスが命とりになります。

その為、悪性腫瘍なども出るようになる時期で、腫瘍で亡くなることもあります。

この時期を病院では、終末期っと言われ、感染から終末期まで最短でも5年かかるっと言われています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ