猫の白血病について

ペットとして飼われる事の多い、猫にも、多くの病気があります。

その中の一つに、「猫の白血病」があります。

正式名称は、「猫白血病ウイルス感染症(FeLV)」っと言う病気で、原因は、オンコウイルス(レトロウイルスの一種)の感染によって白血病になります。

しかし、感染したからっと言って、全ての猫が白血病を発症するわけではないものの、免疫力の低下で、様々な臓器の病気になり亡くなってしまう事もあります。

なぜ、このウイルスが猫に感染するかっと言うと、このウイルスを持つ猫の唾液や尿、便、血液や母乳などから感染します。

残念ながら、白血病ウイルスを持っている猫の赤ちゃんは、無事生まれても育つ事は無いようですが、喧嘩や食器の共有などで感染する様です。

ウイルスの感染力はそれほど強くないので、数回唾液が付いた程度では感染しない様ですが、子猫などが感染すると、発症率も死亡率も高いので気をつける必要があります。

その他の大人の猫では、感染したとしても全ての猫が発症するわけではなく、まったく症状が出ないまま、ウイルスが死滅してしまう事もあるようです。

しかし、感染した猫の1/3はウイルスを持ち続け、70%程度の確立で、5年以内に亡くなることがあります。

猫白血病の症状は、食欲不振や下痢、貧血、発熱、脱水状態、長引く鼻水や口内炎などが出ます。

初期のうちには、この様な症状も軽い為、猫の風邪っと診断される事もありますが、1ヶ月近くこの様な症状が続く場合には注意が必要です。

この他にも、ねこ同士で喧嘩をした後に、傷の治りが悪かったり、急に痩せてしまったり、元気が無く、遊ばなくなったなどの症状が現れる事があります。

この他に、猫白血病ウイルスに感染すると、リンパ肉腫や腎臓病、白血球減少症などの病気を患う事もあり、流産の原因にもなります。

もし、この様な症状があった場合、動物病院で、1日も早く検査をする事が大切になります。

検査は、猫の血液検査を行い、血液の中に、ウイルスがいないか、抗体検査を行います。

検査時には、猫免疫不全ウイルスにも同時に感染している事が多いので、両方とも同時に検査する事になっています。

検査料金は、5000円程度で検査できるので、比較的安価に検査する事ができる為、野良猫を飼う場合などに事前に検査を受けるのもオススメです。

しかし、ここで注意が必要なのが、ウイルスに感染後、1ヶ月程度では、陰性の検査結果が出る事が良くあります。

また、大人の猫の場合、1度陽性反応が出ても4ヶ月程度経過すると、ウイルスが死滅して、陰性の結果が出る事があります。

検査の時には、数回検査を受け、ウイルスを持っていないかどうか確認する事が必要になります。

猫白血病の治療と予防方法

猫白血病に感染してしまっていた場合、治療方法は、残念ながらウイルスを殺せる薬は未だ開発されていない為、出ている症状の対処療法が取られる事が多いです。

熱が高ければ、解熱剤、下痢が続いていれば整腸剤、吐き気が強く食欲も無いようなら制吐剤、症状が重く、栄養失調になっている場合や脱水症状が見られる場合には点滴をしたり栄養剤が処方されます。

その為、猫白血病に感染しないための予防がとても大切で、犬よりも猫は、家で飼う様に指導される事があるかと思いますが、様々な病気のウイルスを持つ野良猫から感染しないための措置で、予防にはとても大切な方法です。

また、猫白血病の予防には、予防接種を受ける事が、最も良い予防方法になります。

自己負担になってしまうものの、愛猫を恐ろしい病気から守る為に大切な方法ですので、猫を飼う予定の方は、検討してみて下さい。

室内での飼育をする事と予防接種を受けることで、多くの種類の病気を未然に防ぐ事ができます。

外にいた猫を飼育する際にも、必ず動物病院で、検査をして他の猫に病気を移さないように単独で猫を飼育する事も大切になります。

万が一、猫白血病に感染していたとしても、室内飼育で、他の猫との接触を避け、栄養価の高い食事をさせ、毎日体調に気をつけていれば、自宅での飼育も可能です。

症状が重い場合には、入院する事もあるかもしれませんが、可愛い猫を怖い病気から守ってあげられるのは飼い主だけですので、十分に気を使い飼育する事が大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ