懸賞 生活

懸賞っとは、販売されている商品の宣伝や販売促進の為に様々な手段で一般の方々から応募を募ってその一部の方に、商品や賞金を提供するものです。

懸賞には2つの種類があって、「オープン懸賞」と、「クローズド懸賞」に分けられています。

□オープン懸賞:懸賞を行う商品などに関係なく、テレビや新聞、雑誌、最近では楽天などのインターネットなどを使ってオープンに懸賞応募者を募る懸賞方法です。

この懸賞の特徴は、簡単なクイズに答え、正解した人のうち、決められている人数の人に懸賞商品が当確するものです。

クイズもとっても簡単で、ヒントなどがある事がほとんどで、間違える人の少ない懸賞になる為、応募者が必然的に多くなるものです。

□クローズド懸賞:クローズド懸賞は、3つの種類に分かれていますが、特徴としては懸賞を行う企業の商品のバーコードやシールなどを集めて応募する懸賞の事を言います。

「一般懸賞」懸賞を行う企業が販売している商品を購入し、その中に入っている当たり券やバーコード、シールやレシートなどをハガキなどに張って送る懸賞方法。

「総付」特定の期間や特定の個数で購入した人全てに景品が付くものを言います。

有名なのは、CDやDVDなどの、初回限定発売などに付けられる景品が最も有名です。

最近では、この商品の中に記載してあるシリアル番号を携帯やパソコンで入力し、携帯ゲームのアイテムなどをもらうなどの新しいプレゼント情報も多くでています。

「共同懸賞」共同景品っとは、大型ショッピングセンターなどで、複数の店舗が共同で行う景品のことを指します。

複数の店舗などで購入した商品のレシートなどで、抽選会やくじ引きなどキャンペーンを行うのがこの共同懸賞に当たります。

この様に、懸賞っと一言で言っても、多くの種類があり、実は懸賞の種類によって、景品や懸賞金の金額にも差が出ています。

オープン懸賞では、上限が無く、幾らでも懸賞に使える貯め、テレビなどでの懸賞の商品は豪華な事が多いです。

クローズド懸賞では一般懸賞の場合は、10万円まで、共同懸賞の場合には、30万円までっと決まっています。

しして、総付の場合には、商品価格の10分の2までっと決まっています。

懸賞に当選する為には

当たり前のことに、懸賞には、応募しないと当たりません。

しかし、年に何度も懸賞に応募しても、まったく当たらない人から、たった1回の応募で当たってしまう人まで運に委ねられているっと思っていませんか?

実は、何度も懸賞に当選する人は、やはりそれなりのコツを持っていて努力をしているんです。

その方法を知り、皆さんも懸賞で裕福な生活をしてみませんか?

□懸賞に応募し続ける
懸賞は、基本的に応募しないと当選もしません。

ハガキや封筒にかかる切手代などを考えると、落選の可能性のある懸賞に応募するのは…っと思ってしまう人もいるでしょうが、懸賞は応募し続けないと当選はしません。

諦めずに、応募し続ける事が、当選の第一歩になります。

□ハガキの書き方
ハガキや封筒は、すでに専用のものがあったりする場合があります。

この時、宛名には、会社名と、懸賞の部署などが記載されていることが多いっと思いますが、最も見落としがちなのが、「行」や「係」っと言う部分です。

一般の方から会社宛にハガキなどを出すときには、「御中」をつけると思います。

このハガキも、懸賞を行う企業に出すハガキなので、基本的には、「御中」をつけることが望ましいので、応募の前に確認してみましょう。

□どの懸賞が当たりやすい?
懸賞の応募総数によって、当選確率も変わってきます。

その為、一般的に、「オープン懸賞」のように、多くに人の目に留まりやい懸賞は応募総数も多くなってしまう為、当選確率が下がります。

逆に、「クローズド懸賞」の一般懸賞の様な場合でも、更に、バーコードやレシートを送付して懸賞を受ける様なものの場合、購入者のみが応募できる為、応募総数は多くはなりません。

その為、オープン懸賞よりも、クローズド懸賞の方が当選確率は高くなります。

オープン懸賞の場合、フリーダイヤルの電話などでも応募ができますが、有料のハガキでの応募の場合には、あまりオススメはできません。

この他にも、当選結果をハガキなどで通知してくれる事が分かっている懸賞の場合には、往復はがきで懸賞の応募したりする裏技もあります。

懸賞によっては、ゲーム機や海外旅行、現金で数万円当たったりっと高価な懸賞も多くなっています。

その為、懸賞をパート感覚で行っている主婦の方もいらっしゃいます。

まだ、懸賞に応募していないハガキがあったら、是非、参考にして、懸賞生活を満喫してみて下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ