賢い家計簿の付け方

家計簿を付けている、主婦、主夫の方はとっても多いっと思います。

家計簿を付けている目的としては、

○出費先などを確認する為
○節約する為
○目標までの貯金をしたい
など、様々だと思います。

出費先を知りたいっと言う場合には、ノートやパソコンなどに、何をいつ、どこで買ったのかただ記入すれば良いだけです。

しかし、出費を抑えたい、節約をしたい、貯金をしたいなど明確な目的がある場合には、ただ記入するだけではただの日記になってしまう事も…。

その為、どのように家計簿を記入すれば、様々な目的を達成する事ができるのかまとめてみたいと思います。

□節約をしたい。
節約を行う場合に、今までどれくらいの収入があり、どの様な生活をしていたのか把握する必要があります。

収入は、お給料や手当てなど、生活で使うものを記入し、生活費でどれだけの出費があるか今までの領収書などを記入し、分からないものの場合には、1ヶ月今まで通りの生活を行いいくらの出費があったか確認して下さい。

そして、自分で、家族で節約できるところを洗い出します。

一般の家庭で節約する場合には、まず、電気代や水道代、ガス代や食費など工夫しだいでいくらでも節約する事ができるものを考えると思います。

この様な、流動性のあるものを節約するものは、大切な事で、ここから節約を始める第一歩だと思って下さい。

まず、電気代や水道代、ガス代などは、極力使わないのが一番ですが、使わなければばならない部分では、ちゃんと使い、必要ないものであれば電源を切ったり、コンセントを抜いたり。

洗濯機のすすぎを1回で済む洗剤に買い換える、電子レンジですむものは、ガスを使わず、電子レンジを使う様にするなど工夫が必要です。

食費や雑費などでは、購入した品物全て家計簿に記入してください。

そして翌月、必要なものとそうでないものがはっきり見えるはずです。

□貯金をしたい
貯金をしたいから、家計簿を付け始めた方にオススメしたいのが、毎月、お給料が振り込まれたらすぐに積み立ての貯金に移動してもらう方法です。

銀行などで、「自動積立定期預金」っと言うものがあり、始めに決めた一定の期間は引き出しが出来ないものの、通常の預金よりも利率も高く運用してくれるのでただ、銀行に寝かせておくよりも良いでしょう。

他にも多くの方法がありますが、まずは、目標を立てることから始めましょう。

いつまでに幾ら貯めるか、ある程度ザックリしたものから、堅実的に貯金できる金額を考えるのも良いでしょう。

そして、極力、有限実行を貫きとおします。

貯金で最も大変なのがここ!目標をコロコロ変えていては貯まる貯金も貯まりません。

目標に向けて、節約したり、事前に貯金してしまったりっと様々な方法があるので、ご家庭にあった貯金方法を選ぶ事ができると思います。

また、貯金をしている家庭のほとんどが、何らかの金融商品を購入している事が多いっと言う事です。

積み立て型の保険だったり、外貨商品(FX)、などの金融商品を購入し、賢く貯金をしている人が多いです。

家計簿はパソコンで

家計簿を記入するのに、ノートなどに記入する人もいるでしょうが、様々な項目から始まり、購入した商品名も記入しなければならないので途中でやめてしまう方も多い様です。

せっかく始めた家計簿を途中でやめてしまうのは、とってももったいないことです。

途中でやめない為にも、ノートなどに記入するのではなく、パソコンなどから無料の家計簿アプリをダウンロードする事もオススメです。

無料ですし、他の方の節約方法や貯金術など、勉強する事もできるサイトがありますので、かなりオススメです。

なかには、有料ですが、Webオンラインなどで、ゲームなどでポイントを貯めながら、家計簿を付ける事もできるアプリなどもあります。

またパソコンの機能の中に入っているエクセルを使って、家計簿を書きやすいように工夫する事もできるでしょう。

また、節約ソフトなどが販売されているので、購入する事もオススメです。

様々な方法で、やりやすい方法を選び、長く家計簿を付けられる様に努力しましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ