刺青もファッションの一部!

刺青は、江戸時代、身分を表すために使われていたことか始まり、昭和には、「やくざ」の象徴っと感じていた人も多いでしょう。

しかし、最近、特に若者が、おしゃれやファッション目的で、刺青を入れる事が多くあります。

芸能人も、多くの人が刺青を入れていて、人気芸能人とおそろいの刺青を入れる人も少なくありません。

江戸時代には、龍や虎、鯉などを刺青で描く人が多かったものの、明治からは、女性の絵や天女、様々な模様を綺麗に並べたりっと多くの種類の刺青が出てきました。

そしd、最近では、多くのデザインなどの写真から、選ぶ事ができる他にも、文字なでを入れる方も多くいます。

また、腕やほんの一部に刺青を入れる、「タトゥー」もかなりの人気があります。

全身に刺青を入れると、彫り士にもよりますが、200万円以上の高額になる事もありますが、タトゥーであれば、1~2時間で、1万円から2万円で入れられるのも人気の秘密です。 刺青を入れている人の多くは30代が最も多く、女性がタトゥーを含む刺青を入れている人が多いです。

刺青を入れたい人が気になる事っと言えば、費用と、痛みです。

費用は、刺青を入れる場所、入れ方、彫り士によって変わりますが安価なもので1万円程度から入れられます。

高価なものになると、刺青を彫る時間もかなり長くなりますので、金額も数百万円するものもあります。

そして、痛みですが、機械などで、素早く彫ってしまう場合には、痛みが激しくなる様です。

そして、手彫りで彫る場合には、時間がかかるものの、いくらか痛みは軽減するようです。

しかしどちらも痛みはつき物のようですねぇ!

刺青のデメリットについて

刺青は、格好良くって、入れたいっと考え彫った方も少なくないでしょう。

しかし、残念ながら、後悔した方も多くいる様で、その後悔した理由には、

○温泉、プール、サウナなどに入れない。
○就職の際、不利になる事がある。(接客業などの身なりに厳しい職種への就職が難しい)
○刺青の大きさ、保険種類によっては加入する事ができない。
○病院によってはMRI検査を拒否される
○献血などをする事や家族間でも臓器提供ができない。

などの、多くのことが原因で、タトゥーを含む刺青を入れた事を後悔している方も多くいる様です。 また、厄介なのが、刺青は、簡単に消す事ができない事で、最近ではレーザー治療や皮膚切開などを行えば刺青自体は消えますが、大きな傷跡が残ります。

そして、この費用も、高額になる事があって、1cm四方の刺青やタトゥーを消すのに、1万円前後の金額がかかるので、大きさによっては数十万円してしまう場合があるのです。

海外では、多くの人がタトゥーを入れ、接客業でもタトゥーを見せている人もいる様ですが、日本ではまだ、社会的に認められていないタトゥーです。

つい最近も、大阪市の橋本市長が、「タトゥーを入れている職員の調査」などを行ったことが大きなニュースになりました。

タトゥーや刺青を入れる歳には、必ず、メリットとデメリットを良く考える必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ