ゲリラ豪雨 予想するには?

ゲリラ豪雨っとは、突発的に、局所的に降る激しい豪雨の事で、1時間程度の短時間にものすごい量の雨が降ります。

局所的な為、数キロ先では晴天なのに、数キロ先では、豪雨って言った、どこで、どのくらい、どの様な雨が降るか予想するのが難しい豪雨です。

1時間程度っと短時間の豪雨の為、安易に考えがちなゲリラ豪雨ですが、地域によっては、河川の氾濫、洪水、土砂崩れ、浸水など、様々な災害が発生してしまいます。

その為、色々な形で、ゲリラ豪雨っを予想しようっと努力している企業もありますが、前線や低気圧、台風の様な集中豪雨に比べてしまうと、予想、放送するのが難しいのが特徴です。

しかし、最近では、携帯電話などに配信している天気予報を行う企業では、現在、ゲリラ豪雨が起きている地域の住民からの報告や写真をいち早く掲載し、配信する事で、災害などでの被害を未然に防げる様に努めている企業もあります。

ゲリラ豪雨の原因としては、地面の暖かくなった空気と、上空の冷たい空気がぶつかり、大気の状態が不安定になると安定を保つ為に、上下の空気が混じりあいます。

その時、空気に含まれている湿気や水分が凝結して積乱雲になります。

ゲリラ豪雨は、この積乱雲が原因で、積乱雲の中に溜まりすぎた水分や湿気が、重みに耐えられず、一気に地上に降り注ぐ事をゲリラ豪雨っと言います。

この原理で、5月~6月に多い、雹も、この理由で起きる事が分かります。

また、都心で多い豪雨は、ヒートアイランド現象や地方風などが主な原因になって著しく発達した積乱雲が原因になる事が多いです。

この様に、どこでいつ、降るか分からないゲリラ豪雨を予想するのはとっても難しいですが、ゲリラ豪雨が降る直前には色々な前兆ふがあります。

□前兆としては、急に冷たい風が吹く
□雷の音が近づいてきている
□黒い雲が真上にある、近づいてくる
などが、主な前兆として知られています。

ゲリラ豪雨 対策は?

ゲリラ豪雨は、どこでどのくらいの雨が降るか予想するのが難しい豪雨です。

前兆は、いくつかありますが、前兆が現れ始めたら、屋内に非難する事が最も安全です。

豪雨以外にも、雷が落ちることがありますので、高い木の下や、周りに何も無いところで傘を開いたりなどは絶対にしてはいけません。

もし、屋内に非難できない場合には、木の真下から数十メーター離れた場所で体勢を低くして非難する。

ゴルフ場などにいる場合には、施設の指示に従うことをお勧めします。

また、ゲリラ豪雨が起きる時期は、5月~6月、また夏におきる事が多いので、この時期には、かばんの中に折り畳み傘を常時携帯する事もお勧めです。

携帯電話などのアプリでも、ゲリラ豪雨が起きている地域の情報を配信してくれたりするサービスがありますので、この様なサービスを利用するのもお勧めです。

他に、河川が近いご家庭では、河川の状態が気になる事があると思いますが、ゲリラ豪雨が近づいてる情報を耳にしたり、豪雨中には、河川には近づかない。

お住まいの地域で、豪雨が降っていなくっても、河川の上流で豪雨が降り、下流に水が溢れてくる事があるので、気をつける必要があります。

また、時期によっては、雹(ひょう)が降る事があります。

そのときには、自宅のカーテンや、雨戸を閉めておくことが大切で、雹(ひょう)で割れてしまったガラスなどでの怪我を防ぐ事ができます。

予想する事は難しいゲリラ豪雨ですが、直前直後に対策を行うだけで、災害による事故を防ぐ事ができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ