赤ちゃんのオムツ選び

赤ちゃんを出産後、絶対に必要になるのが、「オムツ」です。

オムツには、「紙オムツ」と「布オムツ」の2種類があります。

この2種類のオムツのご紹介をしたいと思います。

是非参公に赤ちゃんのオムツ選びをして下さい。

□布オムツ
布オムツは、生活が便利になってきて、安価に購入できる様になった為、布オムツを使う人は少なくなってきてしまっていました。

しかし、近年、エコやナチュラルな生活を送っている家庭、家計の為に、布オムツを使う家庭が増え始めています。

布オムツを使う事で、赤ちゃんが、オムツが濡れているっと言う事の自覚を持てるので、トイレトレーニングがスムーズに行えたりする事があるようです。

布オムツにも3つの種類があり、生活スタイルなどに合わせて使う事ができます。

まず、オムツカバーに合う様に作られている成型オムツ。

昔から使われていた輪型、妊娠中に使っていた腹帯をオムツサイズに裁断して使います。

吸水力も良く、洗濯後乾きやすいので、最も使っている人が多い布オムツです。

最後に、オムツカバーと一体型になっている布オムツで、紙おむつの様に使えるのが特徴で、まだ、日本製品は無いようなので、それほど利用者に浸透していません。

この様に、種類も様々ですが、どれも、洗って乾かせば何度も使う事ができ、経済的で、赤ちゃんも濡れた感覚が分かる事から交換する回数も布オムツよりも増えます。

その為、赤ちゃんのおしりかぶれの防止にもつながります。

□紙おむつ
紙おむつは、布オムツとは違って、使い捨てのオムツになります。

その為、月に5千円弱、年間にすると5万円~6万円もかかる消耗品です。

ですが、横漏れなどが無く、出かけ先でも安心して使用する事ができ、多くの利用者がいます。

その為、紙おむつメーカーも多くあり、紙おむつ選びに苦戦された方も多くいると思います。

そこで、紙オムツの選び方をご紹介したいと思いますので、悩んでいる方は、是非参考になさって下さい。

まず、着目したいのがオムツの品質です。

吸水性や通気性、赤ちゃんのまだ弱い肌を守ってくれる素材を選びたいと思うママは多いと思います。

実際のところ、どこのメーカーも決して悪い製品を作っている所は、無いのでどこのメーカーを選んでもあまり変わりないっと思われます。

しかし、ここだけは抑えたいのが、赤ちゃんの足周り、胴回りで、オムツによっては、同じサイズの名称でも小さかったり大きかったりします。

一般的に、新生児用の紙おむつで、小さめなのが「パンパース」、大きめなもが「ムーニー」っと言われています。

赤ちゃんの体のサイズにあったオムツでないと、カブレの原因になったり、横漏れなどの原因にもなります。

その為、お勧めしたいのが、どこの会社も、大きなパックで販売するオムツと、少量パックで販売しているものがありますので、少量パックを購入し、どのオムツのサイズが、最も体にフィットするか確かめることも大切です。

また、お産で入院中に仲良くなったママ同士で、オムツの交換などを行っても良いでしょう。

おむつ関連商品

オムツっと単に言っても多くの種類があります。 新生児用、S~Lサイズ、ビッグサイズに、パンツタイプ、最近では、水遊びパンツや、スイミング用パンツなどの種類があります。

どれも、おしっこやウンチをしたら直ぐに取り替える事が大切ですが、サイズ以外にも、遊び方や柄まで選べる様になっています。

柄が選べたり、スイミング用のパンツは、通常のオムツよりも割高ですが、昔は出来なかったパンツをはいてのプール遊びなどが出来るので、赤ちゃんの遊びの幅が広がりました。 他に、オムツの関連商品としては、おしり拭きがあります。

おしり拭きも、多くの種類がありますが、どれもおしりが拭きやすく、破れにくいのが特徴です。

ですが、ここで大切なのは、おしり拭きは、トイレに流す事が出来ないので、ウンチをトイレで流す際には十分な注意が必要です。

更に、オムツを捨てる様のゴミ箱にゴミ袋があるんです。

ゴミ袋には、独特の良い匂いが付いていて、オムツの匂いが部屋に広がらない様になっています。

また、ゴミ箱は、オムツを捨てる際に衛生的で、捨てやすい構造になっているので、利用者も多くいます。

しかし、中には、地域のゴミ収集問題から利用できない方の為に、通常のゴミ箱に取り付けるタイプの消臭剤があるんです。

ぶら下げるタイプや、ゴミ箱の内側に貼り付けるタイプなど、多くの種類があるので、様々な使い方ができます。

この様に、オムツ関連商品だけでも多くの商品がありますが、どれも、衛生的で良いものが赤ちゃん用品専門店などで販売されています。

オムツの処理に困っている方は、是非参考になさって下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ