美味しい日本酒の種類

日本酒とは、日本の伝統的なお酒で、お米nを発酵させて作る醸造酒です。

日本酒に使われるお米は、通常、私たちが口にするお米とは違う「酒造好適米」っと呼ばれるお米が使われます。

このお米は、食用のお米とは大きさが違い、大きいものが使われていますが、最近では、酒造に食用のお米も使われる事があります。

日本酒の種類と言えば、多くの人が、辛口、甘口、などの口当たりを好みとすす方や、メーカー、商品名で日本酒を購入される方も多いっと思います。

しかし、実は、一般に流通している日本酒のほとんどが普通種っと言われる日本酒で、三増酒っと言われるあまり美味しくない日本酒である事が多いです。

中には、普通酒でもかなり美味しい普通酒もありますが、三増酒には特に注意が必要です。

それ以外では、「純米酒」濃厚な味わいが特徴で、日本酒を造る蔵ごとに個性が変わってくる日本酒です。

「吟醸酒」果物のような香りが特徴で、好みが分かれるものの、愛好者もとっても多い日本酒です。

「大吟醸酒」吟醸酒よりも香りや味が良いものの、特徴が強いため、この日本酒も好みが分かれます。

他にも、酒造方法や保管方法まどで、名称が変わってきます。

日本酒は、日本で古来から愛されてきたお酒なので多くの種類があり、好みが分かれる為、とにかく、自分の好きな味で出会えるまで探す事が大切になります。

美味しい日本酒の保存方法

日本酒の保存方法で、大切なのが、光から避け、温度を低く保つ事が大切になります。

日本酒を光に当てていると、数時間で、日本酒の色が変わり、種類によっては、日光臭っと呼ばれる臭いがする日本酒もあります。

しかし、気をつけなければならないのは、日光だけでなく、室内の蛍光灯の明るさも注意が必要になります。

また、温度にも注意が必要で、光にまったくあてずに保管していても、ひどい雑味のする日本酒になってしまう場合があります。

これを防ぐには、低温で保存する必要があり、温度変化の少ない場所に保管する事が大切です。

このため、家庭で保管するには、冷蔵庫の中が、最も適していますが、開け閉めが激しい冷蔵庫では、温度変化が激しくなってしまうので、開け閉めが激しい場合には、新聞紙などでくるんで、温度変化の少ない場所に保管して下さい。

更に、開封後は、早めに召し上がる事が大切になります。

そして、このことから、お酒を販売しているお店でも良い日本酒を売っているお店とそうでないお店が分かります。

お店の軒先に日本酒が置いてあったり、冷蔵庫の中でも綺麗なライトに照らされている場合には、味が変わってしまっている事があるので注意が必要です。

逆に、暗いところで冷蔵庫の中や、涼しい場所で、お店の奥などに保管している場合には、美味しい日本酒が手に入るでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ