オーパーツとは

オーパーツとは、世界にある古代の遺跡などから発掘された物の中でも、発見された時代や場所にまったくそぐわない品物を指します。

オーパーツの語源は、英語の「out-of-place artifacts」日本語に訳すと、「場違いな工芸品」という意味があります。

ここでは、世界のオーパーツの一部、カナブンが特に気にっているオーパーツをご紹介します。

射殺されたネアンデルタール人

ネアンデルタール人は、人類の進化の過程では「旧人」に属しています。 進化の過程とは、猿人、原人、「旧人」(30万年前に出現した)、新人(5万年前に出現した)そして現代人に進化したっと言われています。

このネアンデルタール人の骨は、18メートルもの深さの地中に埋まっていたところを発掘されました。

発掘された頭蓋骨は右側部分が大きく欠けていて、調査団が丁寧に付着したものを調べてみると、左側には何かが貫通した小さな穴が見つかりました。

警察と連携して司法解剖や死因を究明する法医学者は、射殺された死体にそっくりな状態だっと言う事が分かっています。

小さな穴は滑らかで円形をしていて不自然な穴だったっとの事です。

またドイツ・ベルリンの法医学者は「高速で発射された弾丸の痕跡である可能性が高い」っと調査結果を発表しています。

なぜ、30万年前に出現したネアンデルタール人の頭蓋骨に高速で発射された弾丸の様な跡が残っているのか… まさにオーパーツですね。

アンティキティラ島の機械

紀元前150年から100年の間にギリシャで作られたと考えられている歯車式の天球儀のことで、太陽や月、天体の正確な動きを示してくれる機械の様です。

1901年にクレタ島近くの海底から発見され、その後、様々な調査が行われましたが、2006年11月にようやく、81もの部品などが解明され歯車式の機械である事が分かりました。

現在でも様々な方向から、調査が行われていますが、現在でも、この機械の使用目的などはまだ、謎のままです。

この機械は、アンティキラ島沖の沈没船から発見されました。

青銅製のこの機械の歯車には古代ギリシア文字や目盛りが刻まれています。

「世界最古のアナログ式コンピューター」っと呼ばれ、2100年前に、この様な精密な機械が作られていた事が、まさにオーパーツですね。

コスタリカの石球

コスタリカの密林の中から発見された石球で、2cm~2mのものまで約200個以上確認されています。

西暦300年~800年に製造された石球で、そのどれもが完全な真球になっています。

石球の配置には、星座や天体に関係するっと言う説もあったものの、石球が持ち帰られたり、破壊されてしまったものもあり、はっきりとした理由は解明されていません。

また、この石球の製造方法は、時間はかかるものの、手作業でも限りなく真球に近い石球を作る事ができます。

その為、最近では解明されたオーパーツとして、様々なサイトなどで取り上げられています。

ロシアの極小コイル

ロシアの金鉱で発見された小さなコイル、金鉱の土の中から発見され他にも小さな機械の部品が大量に埋まっていた。

発見された部品の中でも特に有名なのが、コイル状の部品で、金属棒にコイルを巻きつけてある形状の物など多くの種類があったようです。

コイルの大きさは、3cm~3ミクロン(0.003ミリ)という極小のものもありました。

この部品の年代測定をしたところ2万年前~31万8000年前に作られたものだとわかったものの、この時代は、人類の祖先であるネアンデルタール人やクロマニヨン人がいた時代の為、謎はますます深まります。

また、このオーパーツの調査を行ったロシアの科学アカデミーの貴金属地質探査科学研究所センターの報告書によると、地球外生命体の存在を強く示した内容だったようです。

異性人が2万年~31万8000年前の時代でこの様な部品を製造したのか落としていったのか、その程度しか、こんなに精密な機械の部品がこの時代に存在する理由が見つからなかったのでしょう。

まさに、オーパーツな1品ですね。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ