ワインとは

ワインは、葡萄の果汁を発酵させたアルコール飲料で、日本では葡萄酒とも呼ばれています。

世界ではなんと60カ国もの国々でワインは製造されていて特に有名なのは「フランス」「イタリア」「スペイン」「アメリカ」などで多く生産されています。

日本でも多くの地域でワインが生産されていますが、世界ランキングではワインの生産量は30位っとそれほど高い順位ではないものの、国内でも多くの需要があります。

ワインの歴史は古く、紀元前4000年~5000年頃に記載された「ギルガメッシュ叙事詩」で、ワインの記述が残されています。

ヨーロッパでは数千年もの長い間愛されてきたワインですが、日本では明治時代に生産が始まり、百年あまりの歴史しかないものの、多くの愛好家がいます。

ワインには4つの種類があるので、ご紹介します。

□ステイルワイン(非発泡性ワイン)
アルコール度数は9度~14度で、一般的なワインを指しています。

炭酸ガスを含まないワインで、赤ワイン・白ワイン・ロゼワインがこの種類なります。

□スパークリングワイン(発泡性ワイン)
代表的なものでシャンパーニュ地方で製造されたシャンパンがこの種類になります。

泡立つワインで、中に炭酸ガスを閉じ込めてあります。

通常のワインと同じ保存方法は出来ないので、保存方法や飲むときの方法などの確認が必要です。

□フォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)
スペインのシェリーやポルトガルのポートワイン、マデイラが代表的なものです。

ステイルワインを発酵中にブランデーなどに強いお酒を加えアルコール度数が高く、コクも高まります。

このワインは保存性にも優れたワインです。 □フレーヴァード・ワイン(アロマタイズドワイン)
イタリアのベルモットやスペインのサングリアなどが有名な種類で、カクテルの原料としても使われているワインです。

ステイルワインに薬草や香辛料などを加え、独特の風味を持ったワインです。

日本で愛されているワイン

その生産では、山梨県が最もワイナリーが多くあります。 ワイナリーとは、ワインを生産する建物のことを指す言葉で、山梨のワイナリーでは多くの建物で、工場見学や試飲ができる様になっていて、多くの観光業者が行うバス旅行などでも使われています。

ワイナリーは個人で経営されているところもありますが、飲料会社大手のサントリーなどでもワイナリーを持っているところも多くあり、特にこの様なところの方が様々なイベントが行われています。

ワインは、多くの料理と一緒に楽しみながら飲む事ができますが、料理の風味付けやお肉を柔らかくする効果などもあるので、料理家の間でも人気のアルコール飲料です。

基本的に、お肉料理では「赤ワイン」を、魚料理では「白ワイン」を飲む事がありますが、それ以外でも、自分の好きなワインがワイナリーには多くありますので是非一度見学をされてみてはいかがでしょうか?

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ