ゴキブリの種類

ゴキブリは、世界には4000種類もの種類がいて、日本では60種類もの種類がいます。

そのうち数種類が外来種として外国から入ってきた種類のゴキブリです。

日本で衛生害虫として指定されているゴキブリは数種類程度で、その一部をご紹介します。

□クロゴキブリ
日本の一般的な住宅で見られる種類のゴキブリで黒光りした大型の種類で九州から北海道まで広く分布しています。

一般的な活動期は5月から10月で成虫になると3cmから4㎝程度の大きさになります。

卵から成虫になるまで2年~3年かかり、成虫の寿命は200日程度です。

北海道でも生息している為、寒さに強く幼虫と卵は越冬する事があります。

□チャバネゴキブリ
このゴキブリは、レストランや居酒屋などの飲食店で多く生息しているゴキブリで、寒さに弱い為、越冬はできませんが、卵から成虫になるまで2ヶ月ほどと短く繁殖力が強いです。

成虫の体長は1cm程度とそれほど大きくない種類ですが、害虫として指定されているゴキブリの種類の中では最重要種・侵略的外来種ワースト100にも選ばれているゴキブリです。

外での生育はできないものの、日本各地の暖房のきいたビルや室内で多く生息しています。

□ヤマトゴキブリ
このゴキブリは、世界でも最も北限に生息していて外見はクロゴキブリに似ていますが、クロゴキブリよりは小さいのが特徴です。

□ワモンゴキブリ
このゴキブリは、家住性のゴキブリの中では最も大型のゴキブリで4㎝を超えるものもいます。

1年中湿度と温度の高いところに生育していて地下のマンホールや下水などの中を好んで生育します。

沖縄の小笠原では屋外でも生育が確認されていますが、一般的にはビルの中などが多く、東京などでも真夏にはゴミ置き場や繁華街などでは、この種類おゴキブリがいます。

ゴキブリの駆除・退治・対策

ゴキブリの駆除・退治・対策には部屋(特に食品を扱う場所)の掃除が大切っで、清潔にして、生ゴミが出た場合にはゴキブリの進入を防いでおく必要があります。

他に、お水もゴキブリの生息には欠かせないもので、食器などを洗ったままにしておくとその上を徘徊する可能性もある為、洗物が終わったあとは必ず水気をふき取り食器棚などにしまっておくことが大切です。

次にゴキブリが部屋に出た場合の退治方法は、ゴキブリほいほいのような置き型の退治方法もありますが、目の前に現れた場合、噴射するタイプの殺虫剤がお勧めで、ゴキブリに向かって噴射します。

この時、人がいる方向などには向けての噴射はしないよう注意事項にも書かれているので、良く注意事項を読んでからお使い下さい。

しかし、最近では、最強のゴキブリっとして殺虫剤が効かないタイプのゴキブリもいて噴射するだけのタイプのものだけでは不安な場合、コンバットのような毒餌剤がお勧めです。

毒餌剤はゴキブリが好む餌に殺虫剤を混ぜたもので、餌を食べた成虫をはじめ、その成虫が出した糞を食べた別の成虫・幼虫にも効果があり、最近では耐性ゴキブリにも効果があるものが販売されています。

最近のゴキブリ退治では主流の方法です。

また、専門業者に依頼すれば、ゴキブリが生息する場所、通り道などに液体の殺虫液を撒布してもらう事ができます。

この液体に触れたゴキブリが中毒を起こして死にますが、この薬は一般の方が取り扱うことはできません。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ