財布を盗難されたら

財布やバッグの盗難は、様々なところでおきています。

多いのが、学校や会社のローカーや、電車などの人ごみの中また、ちょっと目を離したすきに…など盗難される場所は様々ですが、盗難にあった場合、財布やバッグには運転免許書・クレジットカード・銀行カード・社員・学生証など多くの身分証明書や、多額の金品が入っている事が多く動揺してしまう方が多いと思います。

そんな時、役立てていただければと、財布が盗難されてしまった時、行った方が良い事をご紹介します。

□警察に届け出る
財布やバッグなどが盗難された場合のは、必ず警察に届け出る事が大切です。

犯人逮捕はもちろん、盗難ではなく落し物だった場合にも、対応をしてくれます。

銀行などのカードをとめる際などに、警察で発行された盗難の証明書などが必要になることがあるので大切に保管します。

□クレジットカード・銀行カードの停止手続き
クレジットカードは、暗証番号が不要え使えてしまう事があるので、警察に届けたあと、すぐに行って下さい。

クレジットカードのサポートセンターなどに電話をすれば、24時間対応してくれる事がほとんどです。

電話した際には、見に覚えの無い使用がないかどうか確認が必要です。

本人確認が取れれば、電話口で、最終利用履歴を照会してくれるカード会社もあります。

銀行のカードも、暗証番号を知っている人や、窃盗のプロが手にした場合、お金を引き出されてしまう場合があります。

銀行窓口やサポートセンターに電話で対応をしてくれる銀行がほとんどで、その際にも最終利用履歴の確認が必要です。

また、カードや通帳の再発行も、電話で行ってくれる会社があるので電話で確認が必要です。

□レンタルビデオなど全国で使えるカードの利用停止
レンタルビデオショップの会員証は、全国の店舗で会員証のみでレンタルが可能なので、利用停止が必要です。

□運転免許証の再交付
運転免許証の再交付には、各市区町村にある警察署や免許センターなどで再交付を行う事ができます。

免許センターなどでの再交付の手続きでは、原則即日交付してくれますが、警察署の場合、後日交付になることが多いです。

再交付には、IC免許証の場合、3650円の更新手数料がかかります。

再交付を行っている時は、月曜日~金曜日の平日8時30分~17時までで、12時~13時は休憩時間になる為、窓口が閉まっている事が多いです。

□保険証などの再交付
保険証などの再交付は、お住まいの市区町村役場や支所などで行う事ができます。

それほど急いで再交付を行う必要は無いかもしれませんが、子供の保険証や医療受給者証なども盗難されてしまった場合には、発行に少し時間がかかる事がる為、極力早めに再交付の手続きを行う事をお勧めします。

盗難予防

盗難の予防には、自分の心がけ次第でだいぶ予防する事ができます。

財布やバッグから目を離さない、離れない、手元に置いておく、鈴などの音がなるものをつけておく。

夜道を一人で歩かない。極力、ショルダーバッグを肩にかけて歩かない。

自転車のかごに荷物を入れる場合には、かごに盗難防止用ネットを張るなど様々な盗難防止策があります。

中でも、自転車やバイク、自動車の車内での盗難防止策は多くありますが、バッグや財布の盗難防止策は少ないのが現状です。

また、盗難の犯人が捕まっても実際に盗まれたものが返ってくることは少なく、ほとんどの被害者が泣き寝入りしている状態ですので、盗難にあわないことが一番大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ