ユニセフとは



本部は、東京都港区高輪に置いています。日本の公益財団法人として活動をしています。

ユニセフの別名として「ユニセフ日本委員会」を用いる場合もあります。

良く勘違いされがちですが、「国際連合児童基金」の日本事務所ではありません。

ユニセフの活動内容は、街頭キャンペーンや募金、ダイレクトメール等による募金事業や、グリーンティングカードなどの販売を行っています。

また、日本では、世界の飢餓に苦しむ子供達の人権擁護や開発途上国の子供の人権状況の確認、子供の権利条約の締結や児童買春禁止などに関する活動が有名です。

また、最近では、募金活動がインターネットなどでも行う事ができ、更に、複合施設などでの活動も目を引きます。

そして、ユニセフでは、募金を活用した相続対策の「ユニセフ・相続セミナー」などの遺贈プログラムなどを展開しています。

ユニセフの活動

ユニセフでは、募金で集まったお金を使用し、世界で未だに衛生的に悪い水を飲食水として使用している地域の子供達に井戸を掘ったり、水を送るなどの活動も活発に行っています。

子供達が生きていく上で、水はとっても大切なもので、飲料水としての水以外にもトイレなどの衛生環境にも水はかかせません。

しかし、世界には未だ、安全な飲み水が無い・トイレなどの衛生状態が悪い事から寄生虫が発生し、下痢性やマラリアなどの様々な恐ろしい病気を引き起こし、多くの尊い小さな命が毎日4000人・年間で150万人が失われてします。

一人の子供が生きていく為には、1日に20㍑・バケツ2杯のお水が必要です。

しかし、ユニセフの活動や、募金のおかげで、1990年から2004年の間に全世界で安全な水を飲める様になった人の割合が、78%から83%にまで上昇していますが、未だ、4億2500万人もの18歳未満の子供達が適切な環境の水道施設を利用できていないのが現状です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ