七夕とは



七夕は、奈良時代に中国から伝わってきた節供で、現在でも、中国・日本・台湾・韓国・ベトナムなどでお祭りが行われています。

日本では、7月7日・8月7日前後にお祭りが行われる事が多く日本で有名な七夕祭りは、「仙台七夕祭り」です。

仙台七夕祭りでは、豪華絢爛な飾りはもちろん、花火も打ち上げる為、海外の方も何度も足を運ぶ人気のあるお祭りのひとつです。

またお祭り以外にも、七夕では、短冊に願い事を書き短冊を笹に飾り、願いが叶う様に、祈る事も行われ、多くの幼稚園・保育園などでは、短冊の飾りにあわせて折り紙でひこぼし・おりひめなどを折って遊ぶことも多いです。

そして、最近ではみる事が少なくなってしまいましたが、昔は、飾った笹や願いを込めた短冊やおりがみなどを、川に流す行為(笹流し)を行い、願った事が叶うように祈りましたが、最近では、環境問題の観点から、笹流しを行っている自治体も少なくなってしまいました。

しかし、今でも笹流しを行っている七夕祭りは有名なところで、津市などが有名です。

ちなみに、去年の願い事で一番多かったのが東日本大震災の復興だった様です。

他、自治体によって、川で笹流しが出来るかどうかは、川を管轄する地元自治体に確認する必要があります。

絶対に個人の判断で川に笹や短冊を流さないで下さい。

自宅で短冊を飾り、川に流さない場合には、自治体ごとに定められた処理方法でゴミに出す事もできます。

七夕のレシピ

七夕の日には、昔からそうめんが食べられてきました。

そうめんは、天の川やおりひめの織る糸などを連想する為で、今でも、七夕の時期には、様々な飲食店でアレンジされたそうめんが並びます。

他にも様々な具材を星にみたてて、チラシ寿司などもつくられています。

様々な七夕料理が、多くのホームページなどでレシピが公開されている為、年に1度ひこぼし様とおりひめ様が出会える日を祝して七夕料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ