母の日とは



母の日とは、日本では、5月の第二日曜日に日ごろの感謝や労いをこめてプレゼントなどをして祝う行事です。

特に、母の日にはカーネーションを贈る事が多く、母の日の時期には、多くの花屋で、様々なアレンジを施したカーネーションが店頭に並びます。

日本で行われている母の日の由来は、アメリカから伝わったものと言われる説が有力で、1905年5月9日、アメリカヴァージニア州に住むアンナ・ジャービスという方が、亡き母を追悼したいっという思いから、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配った事からこの習慣がアメリカのほとんどの州でカーネーションを配る活動が広まり、1914年アメリカ大統領だったウィルソンが5月の第二日曜日を母の日と制定した。

その後、日本には、明治の末期、1915年(大正4年)に母の日を祝う行事が行われる様になったが、昭和に入ると3月6日が母の日に変わった。

その後、戦後、1937年(昭和12年)に森永製菓が大々的に告知を行い、5月の第二日曜日が母の日の行事を行う日として、一般に多く広まったと言われています。

世界では、アメリカ、中国が、日本と同じ5月の第二日曜日に母の日の行事を行いますが、イギリス・韓国・メキシコ・ハンガリーなど様々な国で行事を行う時期は違うものの、母を労わり感謝する行事が行われています。

母の日に贈る物

最近の母の日には、様々な贈り物があり、カーネーションの中でも、赤以外にピンクや黄色など、母の好きな色と組み合わせながら花束をプレゼントしたり、洋服や、身に着けるもの、また、最近注目されているのが、エステチケットのプレゼント、いつまでも、美しい女性でいてほしいっと言う男性の願いを込めたプレゼントなども人気です。

また、カーネーションと一緒にお菓子や、器、お母さんの好きなものと一緒にプレゼントすると更に喜ばれるでしょう。

また、家族が、1日、お母さんの家事を代わって行うサービスなどを家族で行ったりプレゼント以外にも、食事への招待などで、日々の感謝を口にする機会をもおける事もお勧めです。

また、離れて暮らす家族の為に、配送などを行っている物も多く、花屋さんでも、カーネーションの配送などを行ってくれます。

更に、インターネットで商品を注文して、配送してもらうものもあり、時間の無い方に、お勧めな母の日のプレゼント選びができます。

母の日のプレゼントやギフトは、そのときの予算や贈る内容で様々で、一番大切なのは、母の日に贈る物ではなく、日ごろの感謝を母に伝える大切な行事です。

プレゼントやギフトは贈らなくっても、「ありがとぅ」の言葉だけで喜んでいただけること間違いなしです。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ