蜂の種類



蜂とは、昆虫網ハチ目に分類されている昆虫の総称で、毒針を持つ種類のハチもいて、人間が住む近くに巣お作る事も最近は多く特に車庫や屋根の軒下など雨風がしのげる場所に巣をつく傾向があって、都市にも巣を作る事があって、秋口には、巣があることを知らず、蜂に刺されてしまったニュースなどが沢山報道されます。

また、腐った木の中や、中には土の中にも巣を作る事があります。

日本で人を刺す事のある代表的な蜂をいくつかご紹介します。

アシナガバチ種類:セグロアシナガバチ・キアシナガバチ・キボシアシナガバチスズメバチ種類:オオスズメバチ・クロスズメバチ・キイロスズメバチミツバチ種類:ニホンミツバチ・セイヨウミツバチマルハナミツバチ種類:トラマルハナバチ・コマルハナバチっと、多くの種類がいる他、刺さないタイプの種類も合わせるとたいへん多い種類の蜂が日本にも存在しています。

蜂が獰猛になり、自分の巣を守る為に人を刺すようになる時期は、種類にもよって時期は少し違いますが、一般的に7月から9月が、最も蜂が活発に活動する時期で、この時期、蜂に刺されない様にする対策は

○黒系の服を避ける(蜂は濃い色のものに攻撃をする為、時に青や茶色も危険)

○香水などの香りを好む為、人間が良い匂いだと思うものを極力つけない。

○蜂が威嚇してきたときは、ゆっくり後ずさりして逃げる…。

などの対策がありますが、実際、どこに蜂の巣があるか分からない場合には、蜂の巣がありそうな場所には近づかない事が一番大切です。

そして、万が一、蜂に刺されてしまった場合には、必ずいそいで医師の診察を受けて下さい。

また、蜂がまだ攻撃してきそうなときには、静かにその場を離れ、刺された部分を血がにじむまでしぼって、毒をしぼりだします。

蜂に刺されて一番怖いのが、アナフィラーキシーショックっと言うアレルギー反応で、1度蜂に刺されると、多くの人が体の中に蜂の毒の抗体が出来、2度目刺されると蜂の毒と人間の体内の成分の見分けが付かず、抗体が様々な場所を攻撃し始めます。

すると、心機能の低下や、呼吸困難、失神などを起こし、ひどい場合には死に至ります。

蜂の駆除・対策・退治

蜂の駆除や退治・蜂の巣を作らせない為の対策などは、専門の業者がいて、巣の駆除・蜂の退治・蜂の巣を作らせない為の対策などを行ってくれます。

多少のお金がかかりますが、人間の命を守る為には、必要な事です。

また市区町村によっては、被害・駆除などの相談を受けてくれるところもあり、中には、駆除・退治業者の紹介をしてくれる所もあるため、一度確認しておくと蜂の巣を見つけても安心です。

そして、個人で蜂の巣を退治しようとする人もいる様ですが、巣の駆除には専門の業者に委託すると安全に駆除してくれます。

そして、一番危険なのが、死んだ蜂に触れる事で、蜂は死んでも、反射的に腹部の針の部分を動かし、刺そうとする事があるので、死骸を見つけても絶対に触らないで下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ