カニの種類

カニは、世界中で食されている食品で多くの料理が世界中にあります。

世界中で食べられているだけあって、カニの種類は、世界に、5000種類、日本でも1000種類と多くの種類のカニが生息しています。

多くの種類があるカニですが、大まかに2種類に分けると、「カニ類」と「ヤドカリ類」に分けられ、分けるポイントとしては足の本数や歩き方などから分けられています。

日本で有名なカニの一部をご紹介します。

カニ類のクモガニ科:ズワイガニ・紅ズワイガニ・高足ガニ
    クリガニ科:ケガニ・クリガニ
    ワタリガニ科:ワタリガニ
    アサヒガニ科:アサヒガニ
    イワガニ科:上海蟹 と、カニ類の中でも5つの種類に分けられています。
ヤドカリ類のイワガニ科:アブラガニ
      タラバガニ科:タラバガニ・花咲蟹
っと、日本で人気のあるタラバガニは、ヤドカリ類に属しています。

蟹には、様々な栄養素が含まれていますが、特に注目したい栄養素は、「タウリン」っという成分で、心機能の強化や、生活習慣病の予防や改善にも役立ち視力の衰えも防いでくれます。

しかし、蟹は、甲殻類に含まれ、甲殻類アレルギーを持っている人は無理をして食べてりしないで下さい。

カニの飼育方法

カニの飼育には、水槽が必要ですが、多くの種類のカニが、深い海水の中で生活している為、なかなか、自宅で飼育するのは難しいですが中でも、ヤドカリ・アカテガニ・ベンケイガニは海水に常に浸かっていないので飼育が簡単なカニです。

自宅では、とても多く飼育されている種類ですので、飼育方法を簡単にご紹介します。

カニの飼育で必要なものは、飼育ケース(水槽)・敷砂・隠れ家・餌皿などが必要で、飼育ケースの掃除がこまめにできない場合には水槽に直接水を入れずに、水入れを用意しておくのもお勧めです。

また、1つの飼育ケースで飼育するカニは1匹にして下さい。

1つの飼育ケースに沢山のカニを入れてしまうと、脱皮した柔らかいカニが他のカニに食べられてしまう可能性があるからです。

敷砂は、カニが歩きやすいように用意するもので、それほど多くの敷砂は必要ではありません。

隠れ家は、カニは、何かのしたに隠れる事が好きなので、おいてあげると喜びます。

餌皿は、敷砂の上に餌をおくと、餌が痛みやすいので必要です。カニが餌皿をひっくり返さない程度の重みのあるものが理想です。

また、飼育に必要不可欠な水ですが、真水でも飼育は可能ですが、汽水にするとより良いと思われます。

水は、こまめに交換してあげてください。

餌は、動物質と植物質のものをバランスよく与える必要があります。

最近では、ペットショップでもカニ様の餌が販売されているので利用をお勧めします。

また冬や脱皮直後は、餌を食べなくなる事がありますが、心配する必要はありません。

ヤドカリを飼育する場合には、ヤドカリが背負う事ができ、体をすっぽり隠せる程度の貝や海草が必要です。

脱皮のたびに新しい貝が必要になるので、様々なサイズの貝などを用意しておいてあげましょう。

カニの種類によっては、ヒーターや、ろ過装置、が必要になる種類もあるため、飼育前にはよく調べておく必要があります。

調べる際には、書店で、カニの飼育方法などの書籍が販売されていろので参考になさって下さい。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ