金魚の種類

金魚は、フナの変異種で、飼育が簡単な為、世界中の多くの家庭で親しまれ飼育されています。

世界の原産地は、中国が最も多く、日本では、三大養殖地として江戸川下流域・奈良県大和郡山市・愛知県弥富市が有名です。

金魚の種類は、世界に100種類近くあるといわれています。

様々な品種がある中、日本で主に飼育・販売されている金魚は30種類ほどで、日本でもっともポピュラーな金魚の種類をいくつかご紹介します。

○「フナ」金魚の先祖と言われ、フナから金魚が作られたが、フナ自体は、金魚ではありません。

○「和金(ワキン)」もっとも日本で有名な金魚で、寿命も長く丁寧に飼育すれば10年以上生きる金魚もいる種類。

○「小赤(コアカ)」色や柄は、和金と変わりませんが、和金より小さいサイズのものがほとんどで、小赤は、お祭りの出店などで並ぶ金魚すくいでよく見られる種類です。

○「地金(ジキン)」愛知県の天然記念物に指定されている金魚で、和金が突然変異したものと言われています。

○「土佐金(トサキン)」土佐で生まれ、今でも高知県などで多く飼育されていて、高知県の天然記念物として登録されています。

○「出目金(デメキン)」名前の通り目が大きく横に飛び出している事からこのような名前がつきましたが、いまでも渡来した時期などは分かっていない。

目の部分が飛び出していることから、目の周りが傷つきやすいっと言う欠点がありますが、多くの愛好家がいます。

○「蝶尾(チョウビ)」尾びれを広げると、きれいな蝶の様に見える事からこのような名前が付けられました。

飼育も簡単で、観賞用として多くの方々に愛されている金魚で、日本でも多く生産されています。

他にも多くの種類がいて、色・形・飼育方法・環境に合わせて自分にあった金魚を見つける事が出来ると思います。

金魚の飼育方法

金魚の飼育には、まず水槽が必要になります。水槽は出来る限り大きい方が良いと言われ、水を入れると想像以上に水槽が重くなってしまう為、丈夫な専用台なども必要になります。

他に、エアーポンプやフィルターなども必要で、大きな水槽を用意できた場合には、蛍光灯やヒーターなども必要になります。

また、飼育水は、良く水道水を利用する方が多いと思いますが、水道水には塩素が入っている為、そのまま利用する事は避けて戴きたいです。

液体のカルキ抜きなどが販売されているので、それを利用して塩素を無害にしてから飼育水として利用することが望ましいです。

水換えは、1週間~2週間ごとに交換するのが一般的で、冬場は、月に1回程度、一回の交換は、3分の1程度ずつ水槽の中の水温が下がらないように注意して交換するのが望ましいです。

気魚の餌の量は、水温や水質によって食べる量が変わってくるため、夏場と冬場では量を若干換える必要がります。

1回に与える餌の量は、2~3分くらいで食べ終わる程度の量が目安で、餌を与えたら食べ終わるまで水槽を覗いてあげて下さい。

これを1日2~4回が目安です。あまりに多く餌を与え過ぎると水槽の水がにごってしまったり餌が腐る原因になるので与えすぎに注意して下さい。

金魚の病気

金魚の病気にも、他の動物同様に多くの種類があります。

どの病気も、早期発見・早期治療が大切で、毎日、金魚の様子を観察しておく必要があります。

金魚の病気の原因は、そのほとんどが、飼育環境が影響しています。

小さな水槽で多くの金魚を飼育していると、金魚の体に傷がついたりストレスなどがたまる原因になります。

飼育には飼育数にあった水槽が必要で、餌の与えすぎでも病気につながります。

また、新しく水槽に入れる水草などで病原菌や寄生虫がついてる事もある為、水草を水槽の中に入れる場合には、良く洗ってから入れてあげること良いです。

更に、水槽の水の取替えなどで、水温が急激に下がったり上がったりすると、金魚の体力が低下してしまうことから様々な病気になってしまいます。

以上のことに気をつけながら、事前に、金魚の病気を予防してあげることが大切です。

金魚の病気には本当に多くの種類がある中の一部をご紹介します。

○尾腐れ病・エラ腐れ病
症状は、尾やエラが不定形になり不鮮明な白斑ができます。

少しずつ病気が進行していくとヒレがとけたり切れたりしてボロボロになってしまいます。

治療方法は、0.5パーセント程度の塩水浴を行ったり、抗菌剤・抗生物質などの薬浴を行うと改善します。

○水カビ病
症状は、金魚の体に白い綿の様なものが付き、症状が進行すると、体全体を覆い、金魚が衰弱してしまい、死んでしまう事があります。

治療方法は、完治するっと言われる治療方法が未だにわかっていないため、治療事例で試みる事しかできません、最も大切なのは水カビが発生しないよう注意することが大切です。

○消化不良
金魚も消化不良を起こす事があります。症状は、細白いフンえをしたり、粘液に包まれたフンや液体状のフンをする事があり、症状が進行すると、腸炎を起こし、激しく痙攣したり猛烈な勢いで泳いだりしたのち死にいたる事があります。

原因の多くは、ストレスが多く、他に、餌の与えすぎでも消化不良を起こします。

治療は、水温を25度程度まで徐々に上げていき、数日絶食します。

症状がひどい場合や、体力が弱っているときには、塩水浴を行う事もお勧めです。

他にも多くの病気がありますが、その多くが、ストレス・水温・餌の量などで事前に対策を行う事ができます。

金魚を購入前に飼い方などを良く調べ、快適な環境で飼育する必要があります。

金魚の購入には、動物ショップや、ホームセンターなどでも購入する事ができますが、最近では、通販でも購入が可能です。稚魚から購入できる種類もあり、熱帯魚ほど飼育が難しくない為、多くの利用者がいる様です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ