猫について

猫は、世界中で広く飼われていて、ペットの中では、犬派、猫派などと言われるくらい、人気の高いペットです。

良く知られている事ですが、同じネコ類の動物の中には、ライオンやトラも入っています。

また、もともと、ネコは、ネズミを捕獲する為に飼われていた為、現在でも、ネズミや、鳥などを仕留める家ネコもいます。

ネコがペットとして、人気な理由は、家の中で、飼うことが出来、散歩などが必要無い事や、それぞれのネコの種類によって、様々な性格があり、人懐っこいネコや、自由奔放なネコ、一般的には、ネコは、家に付くといわれ人に懐く事は無いと言われていますが、人間にべったりとくっついて離れないネコもいて、飼う人の性格に合わせて、飼うネコの種類を決められるのもよいですね。

また、最近では、ペットショップなどで、簡単に飼う事が出来るのも人気の高い理由の一つかもしれませんね。

しかし、簡単に飼える変わりに、去勢手術を受けずに、子猫が沢山生まれてしまって、捨ててしまう方も多くいます。

その後、ネコは、生きて行く為に、ゴミなどから食べられるものを探したり、糞や尿を、花壇の中にしてしまったりと、困る人も多くいると思いますが、市や県で、毎年処分されているネコの数は、年間30万匹以上です…

人間が、飼いはじめた動物なので、しっかり、最後まで、飼っていただける方だけが、猫を買われる事を祈りたいのですが、殺処分されてしまう猫の数は減らないのが現状です…。

しかし、この様な、悲しい最後を迎える猫などを、引き取り、猫を飼ってくれる里親を探す、団体や法人なども多くあります。

NPO法人でも、猫の里親を募集しているホームページなどもあるので、猫を最後まで責任を持って飼ってくださる方は、是非参考にして下さい。

本当に、可愛い猫ですが、今後も、人間のパートナーとして、家族として、大切にしてゆきたいですね!

高齢猫

高齢猫といわれる、猫の年齢をご紹介します。

出生後7歳で、人間で言う『44歳』になります。

猫の中では高齢になってきたので、肥満は、注意が必要です。

この年齢くらいから、シニアキャットフードを与えると良いでしょう。

また、寝ている事が増えますが、特に心配はありません。

出世後8歳で、人間で言うと『48歳』になります。

身体が硬くなってきて、歯が抜けてしまう事もあります。

7歳の時同様、寝ている事が増えますが、特に心配はありません。

しかし、食欲が極端に落ちてしまったりした場合は、早めに行きつけの動物病院に見てもらいましょう。

出世後、9歳で、人間で言うと『52歳』になります。

完全に、シニア用キャットフードに切り替えが必要です。

出世後、10歳で、人間で言うと『56歳』になります。

歯が抜けてしまったり、しらがが多く出てきます。

寝ている時間が、増え、素早い動きが出来なくなってしまう。

出世後、11歳で、人間で言うと『60歳』になります。

昔の猫の寿命ですが、最近の猫は、更に長生きしてくれる猫が多いです。

出世後、12歳で、人間で言うと『64歳』になります。

日本の猫の平均寿命です。運動不足が目立ち寝たきりになってしまう猫もいるので、適度に運動をさせてあげて下さい。

出世後、14歳で、人間で言うと『72歳』になります。

白内障などの病気が出てくる事が多くなります。

更に、動きが鈍くなってしまう猫もいる。

出生後、16歳で、人間で言うと『80歳』になります。

ボケの症状が出てくる猫が増えます。トイレを失敗してしまったり、やたらと、鳴いたりする症状が出ます。

出生後、17歳で、人間で言うと『84歳』になります。

この年齢から、超高齢期(長寿猫)といわれます。

出生後、22歳で、人間で言うと『104歳』になります。

長寿猫として、市の獣医師会や動物愛護センターから表彰されます。

一般的に、猫の平均寿命は、10年から16年といわれています。

しかし、野良猫の場合は、寿命が4年とも言われています。

更に、イギリスでは、36年生きた、長寿猫もいたので、病気や、事故などに気を付けて、可愛い家族に長生きをしてもらいましょう!

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ