ゴルフとは

ゴルフとは、球技の一種でゴルフコースで静止したボールをクラブで打ちホール(カップ)と呼ばれる穴にボールを入れるもので、いかに少ない打数でカップに入れられるか競う球技です。

基本的には、一人で行う競技ですが、団体戦もあり打数より飛距離を重視するゴルファーもいます。

コースではキャディーを付ける事もできクラブの持ち運びやコース上のアドバイスなどをしてくれますが、最近の若いゴルファーはキャディーを付けない人もいてコースに出る前の受付でキャディーの有無を決められます。

また、1打でカップに入れる事を「ホールインワン」っと言いますが、ホールインワンを達成すると記念に記念植樹やパーティーを開く為、出費に備えて「ホールインワン保険」っという保険に加入する人も多くなっています。

昔は、経済的に余裕がある人が楽しむ球技でしたが、最近ではプレイ代も安価になっていて、会員証無しでもプレイできるコースもあり、ゴルフ用具も貸し出ししてくれる所もあるので決して裕福な人の楽しみだけではなくなっています。

ゴルフは、イギリス発祥のスポーツで、「紳士のスポーツ」っと言われていて、ルールも多くあるのでプレイ前に確認が必要です。

ゴルフクラブ 種類

ゴルフクラブには多くの種類がありますが、その一部、特に初心者向けのゴルフクラブをご紹介します。

クラブは多くく分けてウッド(ドライバー)、アイアン、パターの3種類に分けられます。

クラブの一般的な飛距離は番号が大きくなるにつれて、ボールが高く上がりますが飛距離は小さくなるのが特徴です。

□ウッド:ウッドは飛距離を重視したクラブで、チタン合金やカーボン繊維で作られていることが多いクラブです。
□アイアン:アイアンは、ウッドと違って金属でヘッドが作られています。
飛距離よりも方向などの正確さに重点がおかれています。
一般的に1番~3番をロングアイアン、4番~6番をミドルアイアン、7番~9番をショートアイアンっと呼びます。
□パター:グリーン上に乗ったボールを転がす事が目的のクラブでL字型、T字型、ピン型、マレット型の種類があります。
一般的には、ピン型が安定しているっと言われ、マレット型は方向が定まりやすいっと言われています。

ゴルフクラブの選び方 初心者

初心者がゴルフクラブを選ぶ際に気をつけなくってはならないのは、まず、コースに持っていけるクラブは14本と決まっているので、あまり多くの種類を揃える必要はありません。

初めてのクラブの購入には、ゴルフショップの専門家に相談しながら決めると、自分に合ったクラブが見つかるはずです。

また、ショップにはクラブを振れるスペースもある為、実際に振ってみるのもお勧めです。

初めから高級なクラブは必要ではなく、自分にあったクラブ選びが重要です。

最近では、インターネットでもクラブを購入する事ができますが、同じゴルフクラブでも個人の身長が違えばライの角度が違ってくるので注意が必要です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ