登山とは

登山は、読んで字のごとく「山に登る事」ですが、最近は、ハイキングの様な気軽に参加できる登山が人気で、初心者が軽装で登山を行い登山事故がおき、命にかかわる事故も多くおきています。

その為、最近では、ハイキングの時にも軽装の場合や装備に不具合がある場合は、登山をさせてくれない所もあり、登山の装備・準備は大切なものになっています。

しかし、登山で用意するものは、登山を行う山などによって異なっているのでここでは、人気のある登山コースで必要な道具・持ち物を紹介します。

気軽に参加できるハイキングの場合でも、甘く見ずちゃんとした準備が大切です。

登山 初心者が準備する物

登山初心者が用意する物はその全てが、登山専門店などで販売されているもの以外の代用もできるので案外準備は簡単です。

まず、「登山靴」・登山靴は登山専門店などでも手に入れる事ができますが、ABCマートなどの靴屋さんでも購入する事ができます。

最近では「山ガール」っと言うファッションスタイルも人気で、通常の生活でも登山靴を愛用している人もいるほどです。

また自然歩道を歩く様な簡単な登山の場合には、スニーカーでも代用可能ですが、履きなれた靴でないと、靴ズレがおきたり、足をくじいたりしてしまうので、スニーカーの場合には使い慣れた靴がお勧めです。

「ザック」ザックはリュックサックの事で、登山用具などをしまいやすく、使いがってが良くなっていますが、簡単な登山の場合には、家にあるリュックサックで大丈夫です。

「ザックカバー」ザックカバーは、リュックの中の濡れては困るものを雨などから守る為のカバーで、無ければビニールの袋でも大丈夫ですが、風が強い時などは飛ばされない様に注意が必要です。

「水筒」水筒は、ペットボトルでの代用ができますが、最低1日分多くの水分を持参すると、万が一遭難した際に役立ちます。

「コンパス」コンパスは、簡単な登山の場合でも用意して下さい。

「地形図・登山用地図」この地図は、書店やインターネットでも購入ができます。

登山する山様のものが販売されているので登る山用のものを購入して下さい。

「腕時計」腕時計は自分の使い慣れたものでもかまいませんが、防水のもの、標高や気圧、方位などが分かる高機能のものもあり登山専用のものの購入もお勧めです。

「折り畳み傘」折り畳み傘は、荷物に余裕がある場合に持っていって下さい。

風が強い日などは傘を使う事は、難しいので、その日の天候に合わせても大丈夫でしょう。

「登山計画書」登山計画書は、一緒に登山する人や、登山コースなどを記入して所轄の警察署などに提出します。

計画書の提出の必要ないハイキングのばあいなどには、家族に渡しておくと万が一の遭難の際にも役に立ちます。

「レスキューシート」レスキューシートは、遭難時に使う超薄手のシートで、体の熱を逃がさない様に体に巻きつけて使います。

値段も高くなく、100円均一でも販売されているので、1人1つは必ず常備して下さい。

「携帯電話」山の上でも最近は、携帯電話がつながる地域も多くあり、遭難時には、GPS付きのものが役立ちます。

他にも、登山される人の健康状態に合わせてストックっと言われる杖などもあるので、長い歩行に自信の無い方などにはお勧めです。

また、最低1日分の食料も用意しておくことが理想で、万が一のときに備え下さい。

人気の登山 富士山

富士山は、海外からも登山客が訪れるほどの人気のある山で、日本でも昔からシンボルとして愛されています。

初心者の方には、難しい登山コースもある為、登山の際には、ガイドなどをつける事もできるので利用して下さい。

富士山山頂は、気圧も低く、休みながら登山を行わないと「高山病」にかかる事もある為注意が必要です。

また、富士山周辺では宿泊施設も多くあるので、事前に登山コースなどを確認しながら宿泊施設なども決めて、登山に臨みましょう。

山頂には郵便局もあり、登山が成功したら、記念に郵便物を出す人もいるのでその様な特徴を事前に調べていくとより登山を楽しむ事ができます。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ