赤ちゃんと楽しめるディズニーランド

赤ちゃんを連れてのディズニーランドは、赤ちゃんが楽しめるか疑問に思ってしまいます。

が、大人が楽しんでいれば赤ちゃんも、大人の顔を見て喜ぶはずです。

しかし、赤ちゃんっと言っても生後2~4ヶ月程度の赤ちゃんは多くの人がいる施設での遊びはお勧めできません。

様々な予防接種をまだ受けてい無い事や、抵抗力も大人に比べて弱いです。

生後半年以上の赤ちゃんを対象に乳児連れでも楽しめるディズニーランドをご紹介します。

まず、生後半年の赤ちゃんは、ディズニーランドを楽しめるか…っという点ですが、若干難しいと思います。

大きな音が沢山するので、ビックリして泣いてしまう子もいるかもしれません。

しかし、育児に没頭していたお母さんは、少しでも外の空気にふれ、楽しいディズニーランドで遊べれば多少の気分転換ができるはずです。

赤ちゃんは、大人の楽しんでいる声を聞き分ける事できるので、アトラクションでは楽しめなくっても、楽しんでいる親を見て「楽しい」「うれしい」っと思う事はあるでしょう。

そして、赤ちゃん連れの方が一番心配なのが、オムツ換えや授乳・離乳室などの施設ですが、ディズニーランドには多くの女性トイレにオムツ換え台が設置してあります。

また、授乳・離乳室(男性厳禁)が設置してあり、飲食店によっては、男性用トイレにもオムツ換え台が設置されています。

その情報は、ディズニーランド内のパンフレットに掲載されている他、インフォメーションでも紹介してくれます。

心配せず、赤ちゃんの都合に合わせてオムツやミルクを与える事ができます。

ベビーカーもディズニーランド内でレンタルしてくれます。

しかし、1日保証料も含めて1000円する事と、多くの人がベビーカーをレンタルしている為、間違えて違う人のベビーカーを持って行ってしまうこともある為、使い慣れたベビーカーがある場合には、自分のベビーカーを持参する方がお勧めです。

赤ちゃんと一緒に乗れるアトラクション

生後半年っというと、たいていの赤ちゃんは首が据わり腰も据わって体がしっかりしてきた頃で、抱っこをしていれば乗れるアトラクションもあります。

そのアトラクションの一部をご紹介します。

□ディズニーランド
「ピノキオ」「白雪姫」「イッツ・ア・スモール・ワールド」「ジャングルクルーズ」「ダンボ・空の旅」などが代表的な乗り物で他にもアトラクション入り口の案内を行ってくれる方に赤ちゃんでも乗れるか確認をすれば乗れる乗り物もあります。

□ディズニーシー
「シンドバット・セブンヴォヤッジ」「マーメイド・ラグーン・シアター」「ヴェネツィアン・ゴンドラ」などが赤ちゃんを抱っこしたままでも乗れる乗り物の一部です。

シー係りの方に赤ちゃんが一緒でも大丈夫かどうか確認をしてみると案外赤ちゃんも一緒に乗れる乗り物があります。

また、アトラクション以外にも東京ディズニーランド・シーでは、ショーがある為、ショーを楽しむのも良い思い出になります。

そして、ディズニーランドは、かなり混んでいるっと言うイメージがありますが、ディズニーランドの混雑状況や予想を出しているサイトもある為、赤ちゃん連れの場合には確認をして混雑を避けましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ