習字とは

日本の伝統的な文化『書道』は、漢字とかな文字を毛筆に墨を付けて半紙などに文字を書くものです。

また、習字と書道を一緒に考える方も多いのですが、実は、『書道』と『習字』は違う意味のものなのです。

まず、『習字』は、読んで字のごとく『字を習う』もので、基本的には、お手本の字を参考にして書き方を真似するものです。

『書道』は、書の道を極めるもので、文字に芸術性を持たせ文字ひとつひとつに人の個性や感性を表現するものです。

基本的には、使う道具『筆』と『墨』を使って字を書くものになります。

まずは、習字で字の特性や意味、かき方などを習い、美しい字を書いてゆきます。

その後、字を、書道を極めたいと思った人は、『習字』の基礎として、個性的な字を極めてゆきます。

そのため、ボールペンで字を書く場合にも、『ペン習字』というものがあり、これもお手本にならって美しい字や書き方を習います。

書道は、書くことを極めた、極める人のことを指すので、この人たちのことを『書道家』と呼びます。

習字 道具

習字を習う際に必要になる道具がいくつかあります。

小学校3年生から中学校3年生ころまでは、学校で習字の授業があったり、冬休みの宿題で習字があります。

就学中には、学校で、希望者を対象に習字セットの購入ができます。

習字の授業に必要な道具すべてそろっていて、筆(大・小)、文鎮、硯、固形墨、墨汁、水差し、下敷き、バックなどがセットになっています。

基本的には学校の指定のものを購入するのが望ましいようですが、兄弟や友人、親戚からもらったなど必要のないものは地域によって個別に注文をすることもできます。

また、最近では、バックも女の子用や男の子用など男女で見分けが付けられるバックや刺繍などが施されたバック、名前入りのものなど様々な習字セットが販売されています。

学校で買わない場合には、量販店やホームセンター、文房具店などでも購入が可能です。

さらに、学校で習字を習う際には、半紙や新聞紙も必要になるので事前に準備をしておきましょう。

大人の場合には、上記の習字セットの他に、筆の素材などを選ぶことができます。

1本数百円のもから、ものによっては数万円もする筆も販売されているので、一度手に取り書きやすい筆を選びましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ