ゴルフ ペナルティ

ゴルフは、どれだけ少ない打数でカップにゴルフボールを入れられるかを競う球技です。

打った打数はスコアと呼ばれ、打った打数+ペナルティの合計数で競い合います。

ゴルフには多くのルールがあり、中でも、ペナルティがあります。

例えば、OB(アウトオブバウンド)各ホールの規定のところから外にボールが出てしまった場合に発生するペナルティになります。

また、池ポチャ(ウォーターハザード・ラテラルウォーターハザード)は、ゴルフをプレイしたことが無い人でも池ポチャという言葉を聞いたことはあると思います。

池ポチャの場合も、ペナルティが発生し、元の場所から打ち直すことができます。

さらに、グリーンの上でマークを付けずにボールを拾うこともペナルティになります。

特に注意が必要なのは、バンカーの中の砂にクラブが触れてしまうことになります。

他のペナルティは、1打罰程度が、バンカーでのペナルティの場合には、2打罰になることが多いです。

また、以外に思う方も多いかもしれませんが、空振りにはペナルティはありません。

ゴルフ マナー

ゴルフのマナーは、ゴルフのプレイの上達と同じくらい難しいといわれています。

しかし、ゴルフでのマナーは一般的なマナーが多く、ゴルフのマナーをマスターすることで社会人としてのマナーを養うこともできるようです。

まずは、ゴルフのプレイ時間ですが、9ホールのプレイ時間は一般的に2時間前後と言われています。



あまりにプレイ時間が早すぎると先に回っている人を抜かしてしまったり、ボールが当たってしまったりと危険なため早ければいいというわけでもなく…。

また、では遅ければ、後からプレイしている人に迷惑をかけるため、時間には気を付ける必要があります。

さらに、周りの人に迷惑をかけるようなプレイは控える必要もあります。

特に、大きな声で騒いだり、泥酔した状態でのプレイは特に控え、一日一緒にプレイする人や前後の人にも気を配りプレイする必要があります。

コースにいたわるプレイも重要で自然を保護するためにもボールマークやディボットなどのあとはコースを良い状態のままプレイすることも心がけましょう。

また、ゴルフ場のお風呂や洗面所を利用した場合には、後から使う人のことを考え、綺麗に拭いておくことも大切です。

特に、自分で出したゴミ以外も放置したりせずにプレイすることで他の人も気持ちよくプレイすることができます。

昔は、紳士淑女のスポーツと言われたスポーツのため、現在でもマナーには厳しいスポーツを言えます。

しかし、このマナーを覚えることで、ゴルフも楽しくプレイできるうえ、日常生活でもさまざまな場面でマナーは活躍するでしょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ