ゴルフ クラブとは

ゴルフクラブ(Club)は、ゴルフをプレイする際にゴルフボールを打つ時に使用する用具です。

ゴルフのルールでも、クラブは1人14本まで使用することができます。

クラブの種類には、『ドライバー』『ウッド』『アイアン』『パター』などの種類があります。

クラブ自体は、ゴルフボールを打つ部分のヘッドと持ちてになるグリップ及びシャフトからなります。

クラブは、それぞれドライバーやウッド、アイアン、パターなどの名前がありますが、番号が付けられています。

番号が大きいクラブほど短い距離を打つためのクラブになります。

ウッド 選び方

ウッドは、ドライバーも1番ウッドと呼ばれ、1Wと表記される場合があります。

他のウッドは、FW(フェアウェイウッド)その名の通り地面上から使うウッドの形状をしたクラブになります。

3W、4W、5W、7W、9Wと数字で種類分けされていて、数字が小さいウッドほどゴルフボールが上がりやすくなり

長距離の飛距離を飛ばしたいときに使われるウッドになります。

2番ウッドは、ブラッシーまたは2Wと呼ばれ、ドライバーの次に飛びやすいウッドになります。

一般的に遊び程度でゴルフを楽しむ人は購入も使用もしたことがない人が多いですが、プロでは多くの人が利用しています。

3番ウッドは、スプーンまたは3Wと呼ばれ、ゴルフクラブをセットで購入すると大抵セットの内容に含まれるクラブになります。

主には、第二打目以降の使われるクラブですが、ティーショットでも使われるクラブになります。

4番ウッドは、バッフィーまたは、4Wと呼ばれスプーンよりもコントロールがしやすいのが特徴になります。

近年では、ユーティリティクラブの登場であまり使う機会の減ったクラブになります。

5番ウッドは、クリークまたは5Wと呼ばれ、ロングアイアンのような飛距離が出せるのが特徴です。

しかし、5番ウッドも4番ウットと同じくユーティリティクラブの登場で出番が少なくなってしまったクラブです。

7番から11番までのウッドは、ショートウッドと呼ばれ奇数番手が多いです。

番号が理解できたら次は、クラブを実際に握り、練習場などで振ってみると、振りやすいクラブを見つけることができます。

キャロウェイやさまざまなメーカーのクラブをためし、自分にあったクラブを見つけることが大切です。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ