ゴルフとは

ゴルフ(Goif)は、ゴルフボールをクラブで打って、ホールカップに少ない打数で入れることを目的とした球技です。

ゴルフは、世界の120各国もの国でプレイされ、球技の中で最も世界に普及しているスポーツです。

アメリカやカナダ、日本、ヨーロッパなどで盛んにプレイされていて、他にもオーストラリアやアフリカ、韓国などでもプレイされています。

日本にゴルフが伝来したのは、明治時代に神戸にいたイギリス人が持ち込んだのが始まりと言われています。

戦前は、富裕層や貴族のスポーツとして考えられ、戦後も昭和の時代は、富裕層のスポーツとして知られていました。

最近では、好景気に乗って一般の方にも普及しましたが、近年では、若い世代にも人気が沸騰し、ゴルフ場でもプレイ人口を増やそうと、婚活パーティが開かれたり、

若い世代の方専用の料金設定などもあり、プレイしやすい環境が整ってきています。

現在の日本でのプレイ人口は、950万人もいるといわれ、女性や子供でもはじめやすく、将来のプロになる夢を持って練習する人も多くいます。

ゴルフのルーツは、古代ローマ時代までさかのぼり、『パガニカ』というスポーツが始まりと言われています。

現在のゴルフの形として知られるようになったのは、14世紀頃のスコットランドで、現在のゴルフのようなプレイスタイルに変わってきました。

若い世代にも人気が出てきているゴルフですが、昔から紳士淑女のスポーツとして知られ、マナーやエチケットが厳しいスポーツとして知られています。

大騒ぎするような場合には、プレイ中でも注意を受けることもありますし、何よりも、人に迷惑をかけないプレイが大切になります。

特に、ゴルフ場でプレイする場合には、前を進んでいる人のことや、後ろから回ってくる人のことも十分に考えプレイする必要があります。

また、自分だけが有利になるプレイや振る舞いはご法度になります。

さらに、洋服にも気を遣う必要があり、Tシャツやジーパンなどの軽装ではプレイできないことが多いです。

ゴルフをプレイする際に必要なマナーやエチケットの勉強は、ゴルフの練習をするのと同じくらい大変と考える人もいるようです。

ドライバー 選び方

ゴルフは、14本ものクラブを使ってゴルフボールをホールカップに入れるスポーツです。

14本のクラブの中で最も飛距離を飛ばせるクラブが『ドライバー』になります。

ボールを叩くヘッド部分は、チタンや金属、カーボンなどが使用され、ボールが飛びやすい構造になっていますが、

実は、昔は、ヘッド部分が木製だったため、現在も、ドライバーではなく、1番ウットと呼ぶ人もいます。

ドライバーを使う場面としては、第一打目にカップまでの距離を少しでも縮めたい時に使われるクラブです。

クラブの中で、最も使用頻度の高いクラブになり、練習もドライバーで行う人が多くいます。

ドライバーの価格は、ピンからキリまであり、1万円程度~十数万円するドライバーもあります。

高いクラブなら飛ぶわけでもなく、自分の手や振り方などに合うクラブを探すことが大切になります。

また、クラブは、基本的に利き手で持つのが一般的で、最も多いのは、右利きの方です。

しかし、左利きの方は、『レフティ』と呼ばれ、クラブの値段も高く数も少ないことが多いです。

練習場でも、練習できる場所が少なく、左利きの方がゴルフを始めるのはいまだに敷居が高いようです。

代表的なクラブメーカーとしては、『テーラーメード』、『ダンロップ』、『キャロウェイ』、『ブリヂストン』などになります。

メーカーやヘッドの調整、長さ、シャフト素材など多くのものから自分の体、振り方などを確かめる必要があります。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ