子供 イヤイヤ期

子供のイヤイヤ期とは、一般的に『第一次反抗期』と呼ばれるもので大人へ子供なりの反抗をする言動になります。

子供と大人の意見がぶつかり合う時期で2歳程度から始まるイヤイヤ期『第一次反抗期』は、名前の通り、大人が提示したすべてに対してイヤイヤと反抗するものを指します。

『反抗』と聞くと、ただ、子供が大人へ反抗しているだけに聞こえますが、実は、自分の意志を大人に伝える訓練の期間だともいえます。

2歳までの間は、家族の顔を見て笑ったり、泣いたり、意味のない言葉を発するだけだった子供が、2歳程度になると自分のしたいこと、やりたいこと、嫌なこと、好きなこと…

様々なことが複合的に重なり合い、好きなことでも、大人から提示されただけでイヤイヤと反抗してしまいます。

この反抗の行動は、様々な場面で見られ、食事の際や遊びの時、眠る前、起きる時と毎日毎日、イヤイヤと言い続けます。

全てのイヤイヤで言えることですが、イヤイヤ言っている間は、何を言ってもイヤイヤです。

そのため、子供から行動を起こすまで待つや、好きなキャラクターや食べ物、飲み物を使ってイヤイヤ期の時期を乗り越えたなど、大人の性格や生活環境、子供の性格などに合わせて対処方法は考えることがベストです。

また、対処方法を考える際には、子供のイヤイヤの理由を確認し、何が嫌なのか、何が好きなのか、何度も確認をし、イヤイヤに付き合ってあげる必要があります。

イヤイヤ期 虐待

イヤイヤ期の時期は、毎日続くイヤイヤに悩み苦しんだ結果、思い通りに行動してくれない子供に手をあげてしまったり、暴言を吐いてしまうことも多々あります。

親の気持ち、特に母親の不安な気持ちは子供に伝わりますので、不安や悩みは、家族やお友達、さらには近所の人に悩みや不安聞いてもらいましょう。

しかし、全ての家庭が、相談できる家族がいるわけでも、お友達が近くにいるわけでもない家庭も多くあります。

その場合には、地域の地域包括支援センターの方や、保健所などで悩みを聞いてもらうことも考えましょう。

一番いけないのは、悩みを一人で抱え、不安の連鎖が止まらず、子供にあたってしまうことです。

子供のためはもちろん、健康的な心を持ち続けるためにも、誰かに悩みを打ち明けるのは決して恥ずかしいことではなく、大切なことなのです。

また、実際に子供と離れ、親の一人の時間や夫婦で過ごす時間を持つことも大切です。

地域の保育園などでは、一時保育といって、数時間単位で子供を預かってくれる保育園を探して置き、ストレス発散や美容の目的、または夫婦水入らずの時間を作るためにも事前に探しておくことも必要でしょう。

料金も地域や保育園などによって違うので、確認をし、家計に負担にならないよう子供を預けましょう。

親の不安やストレスを少なくし、イヤイヤ期もこの時期だけの楽しみと考えられるよういろいろ工夫をしてみましょう。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ