テニス 必要な用具

テニス(tennis)とは、二人、または二人組のプレイヤーがネット越しにボールを打ち合う球技の一つです。

オリンピックやパラリンピックでも採用されているテニスは世界的にも注目があり、日本でも最近は人気が沸騰しています。

テニスに必要な用具には、『ラケット』:棒状のグリップの先が輪のようになり、輪の部分にはストリングスが張られています。

その部分でボールを打ち返しますが、ラケットには、硬式テニス用と、ソフトテニス用の種類があります。

『ボール』:黄色のボールでプレッシャー・ボールとも呼ばれます。

『コート』、『ネット』、『シングルス・スティックス』が必要になりますが、コートやネットなどは、テニスコートなどに用意されているため

テニスを始めようと考えるかたが用意するものには、ラケット、ボールが必要になります。

また、公式の試合などでは、服装もルールが定められていて、清潔でプレーにふさわしいテニスウェアが必要なります。

通常、テニスを趣味の範囲で楽しみ場合にはテニスウェアではなく、プレイしやすい服装で行う方も多いです。

日本でのテニス

記憶にも新しい、世界ランキング5位にまで登った『錦織 圭』選手の活躍で日本でもテニスを始める人が増えています。

テニス観戦者も増えていて、趣味、子供の習い事でもテニスを始める人が増えています。

『錦織 圭』選手は、2013年にランキング11位を達成し、2014年5月にはマドリッド・マスターズで準優勝し、

同年9月の全米オープンでは、決勝まで進み、年間トップ8のみが出場できるツアーファイナルにも出場!

最終ランキングでは、5位で2014年のシーズンを終えています。

上記のような成績を出し続けたため、テニスへの関心も高まり、親は自分の子どもを次世代の錦織にしたいと習い事ランキングでも上位に食い込んでくるほど…。

そんなテニスですが、日本での歴史は浅く、1878年にアメリカ人教師のリーランドが伝えました。

また、同年横浜・山手公園に外国人慰留者のためにクラブとコートが誕生しています。

テキストエリア

ここにが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。

PR

このページの先頭へ